アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

【保存版】Googleアナリティクス権限付与の手順

更新日:2021年05月27日

【保存版】Googleアナリティクス権限付与の手順

Googleアナリティクスの閲覧権限って?権限付与ってどうやるの?と疑問に思った方もいるのではないでしょうか。

アナリティクスアカウントへのアクセス権限を特定のユーザーに付与することで、アナリティクスを管理・編集・分析が可能となるので、複数のユーザー内でアナリティクスの情報を共有することができるのです。

今回はGoogleアナリティクスにおいて、別のユーザーへ権限を付与するためのユーザー追加について説明していきます。

1.Googleアナリティクスの権限について

Googleアナリティクスでは3つの階層に分かれており、上からアカウントプロパティビューがあります。

各階層でユーザーにどんな機能を与えたいのか、ここで権限を割り当てることにより他のユーザーがアカウントの中でデータを閲覧、編集、削除できるようになります。

2.Googleアナリティクスの権限付与の際に用意するもの

まず初めに、権限を付与したいメールアドレスを用意してください。

これはGoogleアカウントにログインする際に使用しているメールアドレス、もしくはGoogleアカウントに登録しているメールアドレスを使用し、権限付与を行なうことができます。

3.Googleアナリティクスの権限付与の手順

それでは実際に権限付与の手順を説明していきます。

①左下の管理をクリック

アカウントユーザーの管理をクリック

③画面右上の+をクリックし、ユーザーの追加をクリック

④権限を付与するユーザーのメールアドレスを入力
権限を選択し、追加をクリックしたら完了

権限一覧

権限は下記の通りです。

・ユーザー管理
・編集
・共有設定
・表示と分析

ユーザー管理

アカウント内のユーザー管理ができる権限で、ユーザーの追加や削除、権限の変更ができるようになります。この権限には、編集や共同設定の権限は含まれません。

編集

レポートの管理機能や追加等を使用できる権限で、アカウントやプロパティ、ビュー、目標などの追加、編集、削除が可能であり、またレポートのデータを表示されることもできるようになります。この権限には、共有設定の権限は含まれます。

共有設定

アセットと呼ばれる項目データを共有することができる機能で、アセットにはマルチチャネルの設定・コンバージョンセグメント・カスタムレポートなどが含まれています。この権限には、表示と分析の権限は含まれます。

表示と分析

レポートのデータのみが閲覧できる権限で、それ以外の編集や追加、削除の設定はできない設定となっております。この権限には、編集や共有設定の権限は含まれません。

4.まとめ

いかがでしたか。

今回はGoogleアナリティクスでの権限付与の手順について説明しました。疑問点やご不明点等ございましたら、下記のフォームからお気軽にご相談ください!

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top