Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書
お取り引き企業

エンゲージメント率を上げるために必要な広告の秘訣とは?

更新日:2023年05月29日

エンゲージメント率を上げるために必要な広告の秘訣とは?

近年、SNSを活用した広告展開が注目されています。

広告主が求めるのは、単にクリック数だけではありません。
顧客とのより深い関係性を築くためには、エンゲージメント率を高めることが不可欠です。

しかし、エンゲージメント率の向上には、広告に対する顧客の反応を正しく計測することが重要です。

今回は、各SNS広告のエンゲージメントの定義や、エンゲージメント率を上げるための実践的なコツについて解説します。

広告におけるエンゲージメントの意味と重要性とは

広告が単にクリックされるだけでなく、ユーザーとのコミュニケーションや関わりを生むことが求められる時代になっています。
そのため、エンゲージメントという言葉が注目を集めています。 

エンゲージメントとは、広告やコンテンツに対してユーザーがどれだけ参加し、関与するかという指標のことです。
具体的には、いいね数、コメント数、シェア数などが挙げられます。

広告の成功に欠かせないエンゲージメント率を追求することで、ユーザーの関心を高め、顧客獲得につなげることができます。

何故エンゲージメントが重要なのか?

なぜエンゲージメントが重要なのかというと、エンゲージメントが高い広告やコンテンツは、ユーザーの目に留まりやすく、印象に残りやすいからです。

さらに、ユーザーが広告やコンテンツに対して参加や反応を示すことで、ブランドや商品に対する信頼感や興味関心が高まり、購買意欲を促進することができます。

したがって、エンゲージメント率は単に広告の効果を測る指標に留まらず、ユーザーとのコミュニケーションを深め、ブランドイメージの向上にも貢献する重要な要素となっています。

広告の成功に欠かせないエンゲージメント率とは?

広告におけるエンゲージメント率とは、広告を見た人が、その広告に対してどの程度反応したかを示す指標のことです。

単にクリック数だけで広告の成果を測るのではなく、ユーザーの興味関心を引きつけ、何らかのアクションを取ってもらうことが広告の目的であるため、エンゲージメント率は非常に重要な指標となります。

エンゲージメント率の計算方法は、下記のようにあらわされます。

広告を表示した回数(Impressions) ÷ その広告に対する反応(クリックやシェア、コメントなど)

たとえば、ある広告が100回表示され、そのうち10回のユーザーがクリックした場合、エンゲージメント率は10%となります。

各SNS広告のエンゲージメントの定義

SNS広告においても、エンゲージメント率は広告の効果を測る重要な指標の一つです。

エンゲージメント率が高い広告は、ユーザーの関心を引きつけ、共感を得られる可能性が高く、広告効果を最大化することができます。

逆に、エンゲージメント率が低い広告は、ユーザーの関心を引きつけられないため、効果が低くなってしまいます。

SNS広告におけるエンゲージメントの定義は、広告プラットフォームによって異なります。

広告を実施する前に、下記を参考に、各プラットフォームのエンゲージメントの定義を理解し、適切な指標を選択しましょう。

Facebook広告

Facebook広告においては、エンゲージメントとは、広告に対してユーザーがどのように反応したかを示す指標です。

具体的には、広告の「いいね!」やコメント、シェア、ビデオの視聴数、イベント参加数、リードの取得数などが含まれます。

これらの反応が多いほど、エンゲージメント率が高くなります。

Twitter広告

Twitter広告においては、エンゲージメントとは、広告に対する反応やユーザーとの対話を示す指標です。

具体的には、広告へのリツイートや返信、いいね!、フォローなどが含まれます。

これらの反応が多いほど、エンゲージメント率が高くなります。

SNS広告で注目されるためには?エンゲージメント率を劇的に高めるための実践的なコツ

顧客の興味や関心を高めるコンテンツを配信する

エンゲージメント率を高めるためには、顧客の興味や関心を引きつけるコンテンツを配信することが重要です。

SNS上でのコンテンツは、テキスト、画像、動画など多岐にわたりますが、特に注目すべきはビジュアル系のコンテンツです。

鮮やかな写真や動画は、スクロールしているユーザーの目を引きつけ、クリックやシェアの意欲を高めることができます。

また、興味を引くキャッチコピーを考え、コンテンツの見出しやキャプションに取り入れることも効果的です。

顧客と積極的にコミュニケーションをとる

エンゲージメント率を高めるためには、顧客と積極的にコミュニケーションをとることも大切です。

コメントやメッセージに返信をすることで、顧客とのコミュニケーションが深まります。

また、顧客からの質問や要望に迅速かつ適切に対応することで、顧客満足度を高めることができます。

SNS上でのやりとりは、直接的に販売活動を行う場合だけでなく、商品やサービスの情報発信やファン作りにも利用できます。

キャンペーンや特典を設ける

エンゲージメント率を高めるためには、キャンペーンや特典を設けることも有効です。

例えば、SNS上でクイズやアンケートを実施することで、ユーザーの参加意欲を引き出すことができます。

また、キャンペーンの応募条件として、フォローしたり、シェアしたり、コメントをしたりすることを求めることで、エンゲージメント率の向上につなげることができます。

さらに、キャンペーンや特典によって、顧客の応援を得ることができるため、ブランドイメージの向上にもつながります。

まとめ

今回は、「驚異的なエンゲージメント率を達成するために必要な広告の秘訣」というタイトルで、広告におけるエンゲージメントの意味と重要性、各SNS広告のエンゲージメントの定義、エンゲージメント率を劇的に高めるための実践的なコツについて解説しました。

広告においてクリックだけではなく、エンゲージメントが重要であり、エンゲージメント率を高めることで広告の成功に繋げる事ができます。

SNS広告におけるエンゲージメントの定義や、顧客の興味や関心を高めるコンテンツを配信する、顧客と積極的にコミュニケーションをとる、キャンペーンや特典を設けるなどのコツを掴んで、成果を上げていきましょう。

この記事を書いた人

インフィニティエージェントラボ編集部です。 媒体最新の情報やマーケティングコンテンツを更新中です!

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top