アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

【基礎知識】Web広告のメリットや出し方について解説

更新日:2022年05月25日

【基礎知識】Web広告のメリットや出し方について解説

近年、新しい広告手法としてWeb広告が注目を集めており、リスティング広告やSNS広告を活用する企業が増えています。

しかし、中には以下のような疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。

• Web広告が必要な理由がわからない
• Web広告のメリットやデメリットについて知りたい
• Web広告の出し方について知りたい

本記事では、Web広告が求められる理由や出稿方法について解説するため、上記のような疑問を持っている人やこれからWeb広告を始めようと思っている人はぜひ最後までお読みください。

 Web広告とは

ネット上のメディアに掲載されている広告の総称をWeb広告と呼びます。

また、企業によってはインターネット広告やデジタル広告とも呼ばれるため、あわせて名称を覚えておきましょう。

Web広告では、SNSやメールなどの媒体を活用することが多く、インターネットが普及した近年では他の広告手法よりも需要が高まっています。

Web広告の種類と費用について

Web広告の種類と費用についてまとめると以下のようになります。

上記のように、各広告の特徴やメリットは異なるうえ、費用形態や実際にかかる料金も広告ごとに違います。

 Web広告が求められる理由

Web広告がマーケティングで求められる理由は以下の2つです。

• インターネットとスマートフォンの普及
• ターゲティングに優れている

それぞれの理由について具体的に解説していきます。

インターネットとスマートフォンの普及

インターネットとスマートフォンの普及によって、ユーザーのSNSの使用率やWeb媒体の閲覧頻度が大幅に上昇しました。

ネットの使用頻度が高くなるにつれてインターネット広告の需要が上昇しており、近年ではWeb広告の市場規模がマス媒体の市場規模を超えています。

5Gの導入や新しいデバイスが毎年発表されている昨今において、Web広告の需要はますます上昇していくことが期待できるでしょう。

参照:2020年 日本の広告費|dentsu

ターゲティングに優れている

テレビ広告や新聞広告などの従来の広告手法だと、誰がどのような経緯でコンバージョンに至ったのかが分からないデメリットがありました。

Web広告の場合、リターゲティング広告やリスティング広告のように、特定の相手に情報を流すことができるため、ターゲティングがより精密にできます。

また、蓄積されたデータをもとにして分析を施すことができるため、従来の広告よりも効果的な施策が行えるでしょう。

Web広告のメリット

Web広告を活用することで得られるメリットは以下の3つです。

• 費用が低い
• 細かいターゲティングが可能
• 即効性がある

Web広告を活用することでどのようなメリットを得られるのか具体的に確認していきましょう。

費用が低い

Web広告のメリットのひとつとして、他の手法よりも費用が安いことが挙げられます。

なぜなら、Web広告ではクリックするごとに料金が発生したり、ユーザーが行動を起こすことによる課金方式が採用されるため、無駄な費用を払う必要がないからです。

マス広告の場合、テレビCMを流すだけでも数十万円規模の費用が必要になることもあるため、費用を抑えたい場合はWeb広告を活用した方が良いでしょう。

細かいターゲティングが可能

Web広告を活用することで、ユーザーが過去に検索したキーワードや位置情報など、各情報をもとにして広告の配信ができます。

したがって、Web広告では他の手法よりも詳細なターケティングが可能です。

広告に興味がありそうなターゲットを狙って訴求することで、より高いコンバージョン率が期待できるででしょう。

即効性がある

Web広告は、広告を出したいタイミングで出稿できるため、すぐに広告を出して結果を得られることがメリットのひとつです。

特に、リスティング広告などの場合は、特定のキーワードで検索した人に対して訴求できるため、早い段階で効果が期待できます。

 Web広告のデメリット

Web広告のデメリットとしてあげられるのは以下の2つです。

• 分析能力が求められる
• 場合によっては単価が高くなる

Web広告を本格的に導入する前に、メリットだけでなく、デメリットについても把握しておきましょう。

分析能力が求められる

Web広告を成功に導くためには、過去の事例や実際に出稿した広告から分析を行い、改善を施す必要があります。

したがって、Web広告の運用は数字を用いた分析が必要になることもあるため、誰でもできるわけではありません。

ツールを活用するために専門用語を習得したり、運用を通して地道に分析力を身につけることが大切です。

場合によっては単価が高くなる

需要の高いキーワードやメディアの場合、Web広告を掲載するための費用が高くなることがあります。

費用が出せない場合、競合に負けないようなコンテンツ作りが必須になるため、デザインや文章構造などにより力を入れる必要があるでしょう。

 Web広告の出し方

Web広告を出すまでの流れは以下の通りです。

• 媒体の決定
• 広告の制作
• 出稿の審査

効果的なWeb広告を出稿するには、具体的な流れを知っておき、順序立てて施策をしていく必要があります。

Web広告の出し方について順番に見ていきましょう。

媒体の決定

まずは、Web広告を掲載する媒体を決める必要があるため、各媒体の特徴やメリットなどを把握しておくことが大切です。

SNS広告を活用する場合は、YouTubeやInstagramなどのユーザー数や利用者層を鑑みて、どの媒体にするか決定する必要があるでしょう。

リスティング広告や純広告の場合、掲載料金や目的を照らし合わせて適切なものを選択する必要があります。

広告の制作

媒体が決まったら広告の制作を行っていきます。

広告の制作自体は自社でも可能ですが、より高品質なものを作りたい場合は専門的な知識を持った企業にお願いするのが最もおすすめです。

費用面を抑えたいのであれば、フリーランスのデザイナーにお願いすることも検討するべきでしょう。

出稿の審査

広告の制作まで完了したら、あとは出稿のための審査に入ります。

あからさまな誇張表現や薬機法に違反していないかなどが確認され、問題がある場合は出稿できないので注意が必要です。

広告の審査基準は媒体によって異なるため、事前にガイドラインなどで確認しておくことが大切だと言えるでしょう。

 まとめ

いかがでしたか?

Web広告は、インターネットの普及によってマス媒体よりも需要の高い広告になっているため、Webマーケティングを行ううえで検討すべき手法のひとつになっています。

適切な広告配信を行うためには、各広告の種類や特徴を理解し、目的や用途にあったものを選択することが大切です。

また、出稿する前にWeb広告の具体的な出し方やメリット・デメリットについても事前に把握しておきましょう。

この記事を書いた人

インフィニティエージェントラボ編集部です。 媒体最新の情報やマーケティングコンテンツを更新中です!

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top