アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

【比較】Google Analyticsとアドエビスの違いって?簡単解説!

更新日:2020年12月22日

【比較】Google Analyticsとアドエビスの違いって?簡単解説!

Google Analyticsを活用して、Web周り全体の計測・分析を行っているマーケティング担当者・広告担当者、アドエビスというツールは聞いたことがあると思います。

聞いたことはあるけども、何に特化したツールなのか、Google Analyticsと比較してできることに差があるのか、何が違うのかと疑問に感じている方がいるのではないでしょうか。

本記事を読んで、そんな疑問が解決していただければ幸いです!

1.はじめに


結論から言えば、無料だが自分である程度学習して活用する必要がある、自然検索や広告施策など全体を総括的に計測分析するツールGoogle Analytics。

有料だがサポートが充実しており、Google Analyticsとの大きな違いとして、広告施策のコンバージョン貢献度と費用対効果を計測分析することができるツールアドエビスです。

それでは、さらに詳しくみていきましょう。

2.Google Analyticsとアドエビスの使い分け

Google Analyticsとアドエビスは、どのように使い分けるのでしょうか。
ツールそれぞれの見やすさと特徴から下記のように使い分けることが多いです。

Google Analytics

全体分析=広告施策以外の自然検索などの全体を踏まえた分析

アドエビス

施策単位の把握=各施策単体、施策間のコンバージョン貢献度(間接効果等の施策判断)

3.Google Analyticsとアドエビスの違い


Google Analyticsとアドエビスの違いをみていきましょう。

3-1.費用

Google Analyticsは無料、アドエビスは有料です。アドエビスはクリック数によって費用が変わる、従量課金モデルです。

Google Analyticsは基本的に無料ですが、1ヶ月あたり1,000万ヒット(※注1)のデータ量を超えると、大企業向けの有料サービスGoogle360に契約する必要があります。

※注1:ヒットとは、ページビューやトランザクションなど様々な種類がありますが、大まかにページビュー数と捉えてください。

3-2.全体的な計測分析

Google Analytics、アドエビスともに可能です。

ただ、注意点としては、アドエビスの場合クリック数によって金額が変わる、従量課金制となっていますが、広告の計測よりも割高の料金設定がされているため、気が付いたら膨大な費用がかかっていたとならないよう注意が必要です。

3-3.コンバージョンに至るまでの経路分析や貢献度分析

Google Analyticsは、コンバージョンまでの経路分析であれば可能です。

以前まではコンバージョン経路分析をGoogle Analyticsで見るとなると難しい部分が多く、広告効果測定ツールを契約して見るしかなかったのですが、現在は徐々にアップデートされており、アトリビューション分析のための機能が充実してきています。

アドエビスにおいては、コンバージョンに至るまでの経路分析、貢献度分析どちらも可能です。むしろ、この点がアドエビス最大の武器とも言えます。

ユーザーはコンバージョンに至るまで、様々な道をたどってコンバージョンすると思いますが、間接的にコンバージョンにどれくらい貢献したのか、その施策は有効であったのかという点を詳しく分析することができるのが、アドエビスの強みですね。

3-4.収益分析、CRMとの連携や紐づけ

Google Analytics、アドエビスどちらも可能です。

Google Analyticsの場合はカスタムディメンションを使用し、サイト側が保有している顧客IDをGoogle Analyticsに読み込ませ、顧客データと紐づけることで、広告毎が来店数/成約数に結びついたのか、最終的な収益につながったのかが分析できるようになります。

アドエビスの場合は、アドエビスへ顧客データをCSVアップロードすることでレポート可能になります。

3-5.費用対効果の分析

Google Analytics、アドエビスどちらも可能です。

Google Analyticsの場合はGoogle広告であれば連携させることができますが、それ以外の広告媒体の場合は費用データのインポート機能を使い取り込む必要があります。

アドエビスの場合は、Google広告、Yahoo!プロモーション広告の場合は連携が可能ですが、それ以外の場合は費用データをCSVデータで取り込むことで可能となります。

3-6.サポートサービス

無料版Google Analyticsには専属でサポートがつくことはありませんが、アドエビスには日本人スタッフがしっかりサポートしてくれます。

Google Analyticsにサポートがないと聞いて不安になるかもしれませんが、公式ヘルプやヘルプフォーラムにていくつもの質問に対する回答や解説が載っているため、困ることはほぼないように環境を整えられています。

4.まとめ

いかがでしたか?

施策を投じた結果、最終的な収益につながったのか直接的に判断しにくいが、獲得に対して間接的に寄与したのかというような部分を計測分析してくれるツールを上手に活用し、成果判断を行うことが重要になってきます。

広告で成果が出ない…などのお悩みがあれば、是非一度弊社までご相談ください!

(最終更新:2020年12月22日)

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top