アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

Google広告と連携できる関連サービス

更新日:2021年01月25日

Google広告と連携できる関連サービス

Googleには、ビジネスをサポートする様々なツールがありますが、各ツールの管理画面を行き来して見比べるのは大変ですし、時間もかかります。そこで各ツールをGoogle広告と連携させることで、容易に各データを広告に反映させることが可能となります。

今回は様々なツールの中でもGoogleアナリティクス、Googleサーチコンソール、Googleマイビジネスの連携するメリット、方法をお伝えします。

1. Googleアナリティクス

まずは、Googleアナリティクスを紹介します。

1-1.Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクス(通称GA)とは、Googleが提供する無料のアクセス分析ツールです。

Googleアナリティクスでは、登録したユーザーのサイト内での行動を分析することができます。ページ別の離脱率はもちろん、滞在時間、ユーザーの使用言語、デバイスの種類など、サイト訪問ユーザーに関係する様々な情報を解析することができます。

Google広告とGoogleアナリティクスをリンクさせることで、サイト内での行動数値と広告の成果を紐付けて分析することができるようになります。

詳しい使い方についてはこちらをご覧ください。

1-2.Googleアナリティクスと連携させるメリット

メリットは3つあります。

・Google広告アカウントの管理画面上でアナリティクスの指標を確認できる。(直帰率・平均セッション継続率等)
・Google 広告アカウントに、Googleアナリティクスの目標や e コマース トランザクションのデータをインポートできる。
・Googleアナリティクスの Google 広告レポートで広告やサイトの掲載結果を確認できる。

1-3.Googleアナリティクスの連携手順

連携に必要なものは下記の通りです。

・Google広告 管理者権限
・Googleアナリティクス プロパティの編集権限

※これらの権限が必要なのはアカウントをリンクするときだけです。リンクを作成した後は、権限を変更または完全に削除しても問題ありません。

では、連携手順を説明していきます。

①Google アナリティクスにログインし、管理をクリックする。
Google広告とのリンクをクリックする。

新しいリンクグループをクリックする。

④リンクするGoogle広告アカウントを選択する。

続行 をクリックする。

リンクグループのタイトルを入力後、すべてのウェイブサイトのデータオンにし、アカウントをリンクをクリックする。

こちらで完了です!

2.Googleサーチコンソール

続いて、Googleサーチコンソールです。

2-1.Googleサーチコンソールとは?

Googleサーチコンソールとは、Google自然検索の結果におけるサイトの掲載順位やクリック、表示回数などを分析し監視、管理、改善する無料ツールです。

Google広告と連携させることで、検索広告の結果と自然検索の結果を並べて表示できるようになります。

検索広告の表示には使用されていないものの、自然検索でのリスティングの表示に繋がっているキーワードを確認することで、新たなキーワードの発見や掲載順位などの検索広告の改善に役立てることができます。

2-2.Googleサーチコンソールと連携させるメリット

連携させるメリットは下記です。

・オーガニック検索の結果を広告レポートにインポートできる

2-3.Googleサーチコンソールの連携手順

連携するのに必要なものは下記の通りです。

・Google広告 管理者権限
・ウェブサイト 所有者

連携手順を説明していきます。

ツールと設定を開く。
リンク アカウントをクリックする。

Search Console詳細をクリックする。

リンクをクリックする。

リンクを入力する。
続行をクリックする。

ステータス列を確認し、リンク済みとなっていれば連携が完了です。

3.Googleマイビジネス

最後に、Googleマイビジネスです。

3-1.Googleマイビジネスとは?

Googleマイビジネスは、Googleが無料で提供しているローカルビジネス登録サービスです。Googleで地域+キーワードで検索された際に、検索結果に店舗情報が表示されます。

検索してくるユーザーへダイレクトに店舗の情報を発信できるため、高い集客効果が期待できます。

3-2.Googleマイビジネスと連携させるメリット

メリットは下記の3つです。

・来店コンバージョンの計測ができる
・住所表示オプションの使用ができる
・店舗位置を利用し、近くのユーザーへ広告配信ができる

3-3.Googleマイビジネスの連携手順

連携するのに必要なものは下記の通りです。

・Google広告 管理者権限
・Googleマイビジネス 管理者権限orオーナー権限

詳しい連携手順、住所表示オプションの設定は下記の記事を参考にしてください。

4.まとめ

いかがでしたか?

Google アナリティクス、Google サーチコンソール、Google マイビジネスとの連携は行わなくても広告運用を行なえますが、連携させることでより多くのデータを広告に活かすことができます。

今回お伝えしたGoogle広告と連携させるメリットや方法を確認して、今後の広告運用に活かしていきましょう。

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top