アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

バナーを制作するときに注意する4つのポイント

更新日:2020年12月25日

バナーを制作するときに注意する4つのポイント

バナーを制作する際、どのようなポイントに気をつければいいでしょうか?制作する側だけではなく、依頼する側も活用できる確認ポイントをご紹介します!

1. 基本的な要素に誤りがないか

制作に入る前にも確認することですが、下記の4つは意外と抜けてしまいがちです。

  • サイズはあっているか
  • 容量は問題ないか
  • 素材や色の指定の有無
  • サービスロゴは入っているか

1つのデザインで複数のサイズでバナーを展開する際には、漏れがないか制作後に確認するよう心がけましょう。同じバナーデザインでも、サイズ展開によっては要素を削っていたり、デザインの見せ方を変更している場合もありますので、コミニュケーションを取りながら双方の認識を合わせることも大切です。

注意書きなどが必要な場合も、抜けがないかチェックするようにしましょう。

2. 文言の意味が伝わるか

テキストが多すぎたり、文章が伝わりにくいバナーになっていないかも注意しましょう。限られたスペースが文字だらけになってしまうと、ユーザーはどこを見ればいいかわからなくなってしまいます。テキストが長くなってしまった場合、読みやすくするには以下を意識しましょう。

  • 文章を箇条書きに
  • キャッチコピーは短く
  • 訴求をしぼる

文章が長いと読むのが面倒になってしまい、読まれない可能性が上がります。なるべく簡単な言葉でわかりやすく、短いバナーの方が効果が高い傾向があります。短く言い換えられる文言は調整し、再考していく必要があります。

また、表現に問題がないかも注意しましょう。人体のコンプレックスに触れるものや、業界N0,1の表現などは審査落ちの原因となりかねません。一度規約を確認しておくと制作時にどんなものが審査に影響するか把握しやすいです。

3.画像はあっているか

バナーで使用している写真やイラストが、訴求内容に対して適切であるかも大切なポイントです。訴求に合っていない画像を使用すると、パッと見たときに何のバナーなのかがわからなくなってしまいます。

また、季節やイベントに関連した画像を使用するときにも注意が必要です。

  • 季節は夏なのに、セーターで暖かい飲み物を飲んでいる写真
  • 秋なのに麦わら帽子をかぶっているイラスト

など、見たときに違和感が無いよう制作しましょう。

他にも、肌の露出が多い写真や不快感を抱く画像は、こちらも審査落ちの原因になります。写真やイラストは目に入りやすいため注意が必要です。

4.伝わりやすいデザインになっているか

レイアウトは読みやすく、整理する必要があります。メインのキャッチコピーは大きく、読みやすくしましょう。

文字のレイアウトは左揃え・中央揃え・右揃えなど、揃えるようにすると読みやすくなります。文字と文字の間(カーニング)を揃えたり、文字の大きさや位置を揃えることも効果的です。

【例】

バナー内にボタンを設置する際にはバナーの右下に設置しましょう。これは、右利きの人が押しやすいようにするためです。

コントラストを高めたデザインも重要なポイントです。バナーを制作した後にコントラストのチェックをする場合は、一度バナーを白黒の状態にするとわかりやすいです。白黒にしても文字が読み易ければ、コントラストが強いということになります。

【例】

5.まとめ

いかがでしたか?

バナー制作は、全体のバランスを整えるのが難しくもあり、とても重要です。要素を少し変えただけでクリック数に影響する場合もあります。

チェックするポイント
  • サイズは合っているか
  • ロゴ、注意書きなど要素に漏れがないか
  • 文言は伝わりやすいか
  • 画像は文言と合っているか
  • 読みやすいレイアウト・デザインになっているか

上記それぞれのポイントに注意し、伝わりやすい、品質の高いバナー制作を目指しましょう。

弊社でも、市場を理解したクリエイティブ提案を行なっております。一緒に課題解決をしてくれるパートナーを探している方は、ぜひ一度ご相談ください!

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top