アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

ついに!Yahoo!がMCCアカウント提供開始

更新日:2021年02月05日

ついに!Yahoo!がMCCアカウント提供開始

2020年11月10日より、ついにYahoo!においてMCCアカウントの提供が開始となりました!

MCCアカウントはGoogle広告で既に導入されており、Google広告を運用されている広告主様や広告代理店の方はご存知の方も多いはず…。

本記事ではMCCアカウントを知らない方という方にも読んでいただけるよう、「そもそもMCCアカウントとは?」という基礎的なお話から、MCC移管の方法まで詳しく説明いたします!

1.MCCアカウントとは?

MCCアカウントはマイクライアントアカウントの略で、単純にMCCと略されて呼ばれることもあります。

MCCアカウントとは、検索広告およびディスプレイ広告の複数のアカウントを束ねる機能であり、複数のアカウントを広告主様の企業ごとに束ねるための最上位のエンティティがMCCアカウントです。

参照:MCCアカウントとは - Yahoo!ヘルプ

MCCアカウントを作成することで、複数のアカウントをまとめて管理できるため、各アカウントの権限管理などをシンプルにすることができます。

2.MCCアカウント利用のメリット

MCCアカウントを利用することで得られる2つのメリットについて説明します。

アカウント運用の効率化

広告管理ツールであるアカウント一覧画面では、通常、登録したアカウントが全て表示され、グループ分けを行うことができません。

しかし、MCCアカウントを利用してアカウントをまとめることで、広告管理ツール上でMCCアカウントに関連付けられたアカウントのみを表示し、予算管理や編集を纏めて行うなど、アカウント運用を効率よく行えるようになります。

権限管理の簡素化

MCCアカウントのルール利用者に対して、登録更新権限を付与することで、MCCアカウントは以下の各アカウントの登録と編集が可能になります。

また、アカウントの入金手続きを行う場合は、管理者権限を付与します。

参照:MCCアカウント利用のメリット - Yahoo!ヘルプ

3.MCCアカウント作成方法

MCCアカウントの作成方法は以下になります。

MCCアカウント作成画面にリンクする。
MCCアカウント作成画面で操作を行うには、管理者権限が必要です。

②任意のMCCアカウント名を入力
アカウント名は作成後に変更することも可能です。

作成ボタンを押す
MCCアカウントを作成したツール管理者の登録済みメールアドレスに対し、作成完了のメールが送信されれば、完了です。

4.アカウント移管時の注意点

便利なMCCアカウントですが、MCCアカウントを移管することはできないので注意が必要です。さらに、MCCアカウント配下へのアカウント移管も行えない仕組みとなっています。

こう聞くとアカウントの移管が必須である広告代理店の方は、デメリットが多く感じるかもしれませんが、MCCアカウント配下にあるアカウントを、MCCアカウントに属さない通常の広告アカウントとして移管することは可能です。

ここまでで「どういうこと?」と思われる方が多いと思いますので、下記の図を参考に確認してみて下さい!

移管可能なパターン

・MCCアカウントに関連しない移管
・MCCアカウント配下からの移管

移管不可能なパターン

・MCCアカウント同士の移管
・MCCアカウントとその配下アカウント全体を移管
・MCCアカウント配下への移管
・MCCアカウント配下からMCCアカウント配下への移管


参照:アカウント移管時の注意点 - Yahoo!ヘルプ

5.まとめ

いかがでしたか?

Yahoo!がMCCアカウントを提供したことで便利になったことは確かですが、注意点をきちんと認識して運用を行っていきましょう!

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top