アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

購買意欲の高いユーザーにアタック!【カスタムインテントオーディエンス】を知りたい

更新日:2020年12月23日

購買意欲の高いユーザーにアタック!【カスタムインテントオーディエンス】を知りたい

みなさんこんにちは!今回の内容は、Google AdWordsのカスタムインテントオーディエンスについてです。

カスタムインテントオーディエンスとは、購買意向の強いユーザーにアプローチできるターゲティングの1つです。購買意向の高いユーザーは特定の商品やサービスを調べたり、購入を前向きに検討しているユーザーなので、広告を効果的にアプローチすることができます。

今回はそんなカスタムインテントオーディエンスの特徴から使い方まで解説していきます。

1.カスタムインテントオーディエンスとは?

カスタムインテントオーディエンスとは、自社の商材やサービスを積極的に検索しているユーザーに効果的にアプローチできるターゲティングの手法です。インテントが、購入意向の強いユーザーを意味する言葉となります。

購入意向の強いユーザー層は、とあるカテゴリを積極的に調べているユーザーや購入を検討しているユーザーのことを指します。

Googleがあらかじめ、いくつか商品やサービスでカテゴリ分けをしていますが、購入意向の強いオーディエンスにアピールしたい商品やサービスに関連しないカテゴリはない場合は、カスタムインテントオーディエンスで独自定義をしましょう。

カスタムオーディエンスの入力

2.カスタムインテントオーディエンスを設定

カスタムインテントオーディエンスの作成方法は2つあります。

1つ目は広告グループを選び、紐付けたままオーディエンスを作成する方法です。こちらは、すぐにでもカスタムインテントオーディエンスを使って広告配信をしたい人向けです。

①左横の欄からオーディエンスを選択します
えんぴつマークをクリックし、オーディエンス作成画面に飛びましょう

オーディエンス作成ページに飛んだら、作成するオーディエンスに紐付けたいディスプレイ広告を選択します。

閲覧を選択します
お客様のカスタムオーディエンスがカスタムインテントオーディエンスに該当するものです

を押してカスタムオーディエンスを作成しましょう!

⑥先ほどのをクリックすると下記画面が出てきます
ターゲットとしているユーザーが入れるであろうキーワードを登録したり、URLを追加したり自分でカスタムすることができます。

もう1つはリストだけ作成する方法です。早めにオーディエンスを作成しデータを貯めておけば、いざ広告配信をするとなった時にスムーズでしょう。

①上にあるツールと設定を選択します
オーディエンス マネージャーをクリックします

オーディエンスリストを選びます
④上のカスタム オーディエンスを選びます
⑤そしてをクリックすればカスタムオーディエンスを作成することができます

クリックすると先ほどと同じように下記画面が出てきます。

3.カスタムインテントオーディンエンスを使用する上での注意点

カスタムインテントオーディエンスにはいくつか注意点があります。

1つは検索キャンペーンには使用が不可能ということです。先ほどの設定の説明でもちらっと書いたのですが、、

カスタムインテントオーディエンスはディスプレイ広告や動画広告に使用することができるものです。

もう1つは推定規模に気をつけることです。オーディエンスを設定する際に、下記画像のように右横に推定規模が表示されます。0~10万や10万~50万などで値が出てきます。

少なすぎてしまうと、広告が表示されにくいということに繋がってしまい、逆に規模が大きすぎると予算が足りず広告の掲載頻度に制限がかかってしまいますので、予算に合わせてオーディエンスを調整することをオススメします。

4.まとめ

いかがでしたか?

今回はGoogle AdWordsのカスタムインテントオーディエンスについてご紹介いたしました。

カスタムインテントオーディエンスを利用すれば、購買意向の強い人達に広告を配信できるので、上手く使いこなせばより良い効果的な集客ができるようになりますよ!ぜひみなさんもこの機会にトライしてみてはいかがでしょうか?

引き続きWEBマーケティングの知識や最新情報を更新していきますので、Twitterのフォロー、Facebookのいいね!をお願いします。YouTubeチャンネルもありますので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

では、また他の記事でお会いしましょう!

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top