Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書
お取り引き企業

【今さら聞けない】集客とマーケティングの意味や違いを解説!

更新日:2023年04月28日

【今さら聞けない】集客とマーケティングの意味や違いを解説!

自社の商材を普及させたい場合、集客やマーケティングについて考えて施策を実行する必要があります。

選択すべき手法は目的や想定するターゲットなどによっても異なるので、それぞれの特徴も理解しておくことが大切です。

この記事では、集客やマーケティングの意味、実際に活用できる手法などについて詳しく解説します。

押さえておきたいポイントについても解説するので、集客やマーケティングについて知りたい方はぜひ参考にしてください。

集客とは

集客は、一言でいえば実店舗やWebサイトなどに、顧客となり得るユーザーを流入させることです。

単純に訪問者数を増やすのではなく、商品やサービスを購入してくれる人や、継続的に利用してくれる人を増やすことが大切になります。

マーケティングとは

マーケティングは、自社商品の開発から流通、販売促進などを目的として行われる施策のことです。

自社サイトや店舗への訪問者数を増やす集客はマーケティングの1つであり、利益向上に欠かせない要素となります。

集客・マーケティングで使えるオフライン方法

集客やマーケティングで活用されるオフライン手法としては、以下3つのようなものが挙げられます。

・CM
・チラシ
・セミナー

それぞれ解説していきます。

CM

テレビやラジオなどの媒体を通して配信が行われるCMは、代表的なマーケティング手法の1つです。

地域や時間を分けることで対象のユーザー像を絞ることができ、不特定多数の人物にアプローチができます。

有名な番組の合間にCMを流すことができればブランディングにも良い影響が及びますが、キー局の場合は値段が高額になるので注意が必要です。

チラシ

チラシは、地域に合わせたアプローチが可能なため、オンラインのマーケティング手法が主流となった現在でも広く活用されています。

特に、高齢者層はインターネットを扱う時間が少ないため、紙面でメリットなど情報を盛り込めるチラシが効果的です。

キャンペーンの情報なども記載して店舗やイベントに訪れるベネフィットを伝えることができれば、高い成果が期待できるでしょう。

セミナー

オフラインでのセミナーは、ユーザーと直接コミュニケーションを図ることができるため、提供している商材の魅力を伝えやすいです。

疑問点などがあればその場で払拭できるので、納得して商品やサービスを利用してもらえます。

ただし、資料のクオリティやプレゼンを担当する人物の能力によって結果が左右されるため、徹底的な準備は必須です。

集客・マーケティングで使えるオンライン手法

集客やマーケティングで使えるオンラインの手法として、以下のようなものが存在します。

・Web広告
・SNS
・SEO
・MEO
・メールマガジン

どのような手法なのか理解を深めていきましょう。

Web広告

Web広告は、SNSやWebサイトなど、インターネット上においてさまざまな場所に掲載できる広告の総称です。

細かい種類は多岐にわたっており、Google・Yahoo!の検索結果に表示されるリスティング広告や、YouTubeで掲載されるような動画広告も存在します。

どの広告においても低予算から始められる利点があり、多くの企業が導入している手法です。

細かいターゲティングができる点もメリットなので、認知拡大だけでなく、コンバージョン獲得を狙っていきたい方も利用の検討をおすすめします。

SNS

オンラインで集客やマーケティングを目指したい場合、SNSの運用もおすすめです。

TwitterやInstagramなどを通して商品の魅力を伝えることができれば、不特定多数のユーザーにアプローチできます。

Twitterはテキストがメインとなりますが「いいね」や「リツイート」などの機能が搭載されているため拡散力が高いです。

一方、Instagramは画像を通してサービス・商品の魅力を伝えることに長けています。

自社で扱っている商材の特徴に合わせてSNSを選択し、効果的な戦略を立てられるようにしましょう。

SEO

SEOは「Search Engine Optimization」の略称で、検索エンジンの最適化を指しています。

SEOによって検索結果の順位を上げると、自社のWebサイトへの流入を効率的に向上させることが可能です。

ただし、SEOを行うには専門的な知識が必要になります。

検索エンジンのアルゴリズムは日々変わっているため、仮説の策定や検証を重ねて試行錯誤することが大切です。

MEO

MEOは「Map Engine Optimization」の略称で、Googleマップエンジンを最適化させる施策です。

主に店舗経営で活用されています。

Googleで検索をかけた際に表示されるマップエンジンにて順位を上げることで、露出を増やして店舗への訪問者を増やすことが可能です。

SEOと比較しても手間がかからないため、飲食店や美容サロンを運営している場合は積極的に取り入れてみましょう。

メールマガジン

メールマガジンは、自社商品やサービスについて有益な情報を発信することで、ユーザーの興味を引くことができる手法です。

メールマガジンに登録したユーザーは自社について興味を持っていることが多いため、追加のお得情報などを知らせることができれば購買につながる可能性は高いでしょう。

費用対効果が高く、認知度向上や販売促進など目的に合わせて活用できるため、集客・マーケティングで悩んでいる方は利用を検討してみることがおすすめです。

集客がマーケティングに必要な理由

集客がマーケティングに必要な理由は以下2つです。

・商品やサービスを知らないと顧客は買わない
・集客数アップが売上アップにつながる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

商品やサービスを知らないと顧客は買わない

企業やブランドの名称が有名でない限り、商品・サービスの情報はユーザーになかなか届きません。

そもそもユーザーは知らなければ検討や購入といったアクションには至らないので、まずはWebサイトや実店舗へ訪問してもらうための施策を考えることが大切です。

Web広告やCMなどを通してユーザーを惹きつけることができたら、詳しいメリットやベネフィットについて伝えて、顧客獲得に繋げましょう。

集客数アップが売上アップにつながる

売り上げを向上させるには、継続的に集客を伸ばすことが大切です。

季節的なイベントや流行によって売り上げが上がることはありますが、刹那的な利益だと意味があまりありません。

情報を届けてユーザーに興味を持ってもらい、Webサイトや店舗への流入を増やしていきましょう。

ただ訪問者数を増やしても宣伝の料金だけが嵩んでしまう可能性が高いので、ターゲティングはしっかり行い、確度の高いユーザーにアプローチすることがおすすめです。

集客で押さえたいポイント

集客を実施する際は、以下4つのポイントを押さえておきましょう。

・目的を明確に
・ターゲットを明確に
・集客方法を精査
・PDCAサイクルを回す

それぞれ詳しく解説していきます。

目的を明確に

集客やマーケティングを行う際、方法として複数の選択肢がありますが、メリットや特徴がそれぞれ異なります。

したがって、事前に目的を明確にしておかないと最適な手法を選択できず、思ったような効果が得られないこともあるので注意が必要です。

店舗への訪問者を増やしたいのであればMEOが考えられますが、不特定多数の人物にまずリーチしたい場合はWeb広告の一種であるバナー広告などがおすすめです。

ターゲットを明確に

どのようなユーザーを対象にして施策を行うのかも熟考しましょう。

最適な集客・マーケティング手法は、ターゲットの特徴によっても異なります。

若い世代がターゲットであればTikTokやInstagramなどが実行すべき施策として挙げられるでしょう。

シニア世代に対して訴求を行いたい場合は、チラシやCMを活用することが考えられます。

集客方法を精査

目的やターゲットが定まったら、どのような手法が集客に最適なのか考えましょう。

最終的なゴールから逆算して、いつまでにどのような目標を達成するべきなのか検討することが大切です。

一つの手法だけにこだわるのではなく、オフラインとオンラインの組み合わせなど、さまざまな可能性を見出してみてください。

PDCAサイクルを回す

施策を実施した後は、結果を元にPDCAサイクルを回していきましょう。

成果が伴わなかった場合、なぜそのような結果になったのか振り返りながら、改善するための施策を編み出すことが大切です。

成功した場合も、要因についての分析は必ず行い、横展開するべきなのか判断してみてください。

まとめ

いかがでしたか?

集客は店舗やWebサイトに見込み顧客を集める施策であり、マーケティングの一種です。

利益を上げるためには、まず確度の高いユーザーの母数を多くする必要があるため、オフラインやオンラインの集客方法を取り入れてみましょう。

具体的にはCMやWeb広告などさまざまな手法が存在するので、それぞれの特徴を理解してゴールやターゲットにマッチしたものを選択することが大切です。

この記事を書いた人

インフィニティエージェントラボ編集部です。 媒体最新の情報やマーケティングコンテンツを更新中です!

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top