アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

【検索広告】広告文作成テクニック

更新日:2021年01月13日

【検索広告】広告文作成テクニック

リスティング広告の広告文を作成しているけれど、作成の仕方がわからない…という方や効果が出やすい広告文って一体何なの…?という方も多いと思います。

今回はそんな方のために、広告文作成で困ったときに使える技を紹介します。

1.広告文の重要さ、認識していますか?

みなさま既にお分かりだとは思いますが、あらゆる広告において広告文はとても重要です。(ここではリスティング広告における広告文作成のポイントを取り上げます。)

配信する広告文によって、クリック率やCVR、品質スコアに大きな差が生じます。そのため、広告文は非常に重要な要素を占めているということを、みなさんには再認識していただきたいです。

広告文の構成は、タイトル最大3本、説明文最大2本、パス2本となっています。

ユーザーが検索窓に調べたい文言を入力し、表示された広告文を見てその広告をクリックするという流れですので、もちろんユーザーのニーズに合わせた広告文を作成することが重要です。

広告運用者が一度は頭を悩ます広告文の作成について、今回の記事で一緒に学んでいきましょう!

2.広告文作成の際の参考

広告文を作成する際は、最初に以下を確認してみましょう。

競合の広告

登録しているキーワードで検索した際に、表示された他社の広告文をチェックしてみてください。他社の訴求内容より優れている点、自社でも訴求できそうな点がないかを確認しましょう。

自社と競合他社との違いをアピールすることで差別化を図ることができるため、クリック率やCVRが高まりやすい傾向にあります。

自然検索の結果

自然検索結果の上位に表示されるサイトは、検索意図、コンテンツの品質、ユーザビリティ等の観点でその検索エンジンから高評価を受けていると考えられます。

つまり、ユーザーが求めている情報に対して適切な結果を表示していると考えられます。そのようなサイトの訴求内容など、模倣できそうな点はどんどん取り入れ、良い広告文を生み出していきましょう。

3.広告文作成のテクニック

上記のように他のサイトの広告文を参考にしたとしても、自分で広告文を作成するのはなかなか難しいと思います。

そんな方のために、実際に広告文を作成する際のポイントをお伝えします。

自社商品の強みを明確にする

良い広告文を生み出すためには、自社商品の強みをユーザー目線で理解する必要があります。

広告文はもちろん大切ですが、実際にその商品を利用するユーザーの気持ちになって魅力的な訴求を考えることがとても重要です。

広告文作成ばかりにとらわれず、まずはユーザー目線を意識してみましょう。

広告文とLPの親和性を高める

当たり前ですが、ユーザーは知りたい内容を基に検索をし、そこで表示された広告文をみてリンクをクリックします。

広告文に書いていることとLPの訴求内容、コンテンツがかけ離れていると、ユーザーが離脱してしまう可能性が高まります。

広告文を作成する際は、魅力的な訴求を取り入れつつも、LPに記載してある内容と広告文のないように大きな乖離が生じないように注意しましょう。

ユーザーの検索ワードを広告文に挿入する

例えば、おなかがすいて街中を歩いているとき、「やけに飲食店が目に留まる。」なんて経験をしたことはないでしょうか。

それと同様に、ユーザーが実際に検索したワード(知りたい内容)が広告文に入っていると、一般的な訴求と比較してユーザーの目を惹きやすいため、クリック率が高まりやすい傾向があります。

ユーザーの検索ワードを積極的に取り入れ、効率よくクリック率を高めていきましょう。

含めると効果的な文言を広告文に含める

特別特典期間限定などの限定的なワードや具体的な数字を含めることでも、クリック率向上につながりやすくなります。

さらに、墨括弧(【】このような記号)で囲むことによっても、それらのワードを目立たせることができるためユーザーの目を惹きやすくなります。限られた文字数の中で、ユーザーの目に留まるよう工夫していきましょう。

広告表示オプションも合わせて追加する

広告表示オプションを設定することで、広告文の訴求内容を補足することができるほか、広告ランクの改善にもつなげることができます。

広告表示オプションも最大限設定し、魅力的な広告文を作成していきましょう。

4.社名ワード・一般ワードでの広告文について

社名とは、会社名やサービス名で検索したユーザー向けの配信です。

社名などのブランドキーワードの場合は、直接その商品やサービスを求めているユーザーであることが多いため、シンプルにブランド名を訴求することがオススメです。

ブランドキーワード以外の一般キーワードの場合は、上記の内容を参考にしながら魅力的な訴求を作成していきましょう。

5.注意点

広告文作成の際は、下記の2点に注意してください。

設定したすべての項目が表示されるわけではない

広告文の構成は見出し1・見出し2・見出し3・説明文1・説明文2となっています。

このうち見出し3と説明文2は必ず表示されるわけではありませんので、必ず伝えたい内容に関しては見出し1に設定するようにしましょう。

医療・薬事法の規則違反に注意

医療系や薬事系に関しては非常に審査が厳しいため、注意しましょう。

繰り返し審査落ちしてしまうと、広告の配信停止を強いられてしまう可能性があります。該当する商材を取り扱う際には、スムーズに審査に通るよう、適宜ガイドラインを確認するようにしましょう。

誇張表現を使わないようにする

No.1日本一世界一○○一位などの表現を使用するには、根拠となる情報を提示する必要があります。

信憑性を証明できない誇張表現や過剰な訴求利用しないようにしましょう。

6.まとめ

いかがでしたか。

広告の運用には様々な工程がありますが、ユーザーが検索したキーワードに合わせて配信される広告文はユーザーに自社サービスの魅力を伝えるために最も重要な要素です。ユーザーのニーズを考え、繰り返し広告文差し替え、検証を行い、広告文の精度をあげていきましょう。

今回記載したポイント以外にも、効果的な広告文を作成するためには細かなテクニックがあるので、これらを活用し早期の効果改善に努めていきましょう!

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top