Good&New!Vol.07👍✨

こんにちは!

内定者インターンとして
デジタルマーケティング事業部で広告プランナーをしています、松田です。

「オール・オア・ナッシング」というドキュメンタリーを見て以来、
プレミアリーグのマンチェスター・シティのファンになりました!

現在プレミアリーグでマンチェスター・シティは一位を独走中で、
私も気持ちが上がっています😂😂笑

是非今年はリーグ優勝してほしい、、!🔥

ちなみにこちらは、
一昨年マンチェスター・シティが来日した際に観戦に行ったときの写真です📷

では、今回のGood&Newを紹介していきたいと思います!

今回はデジタルマーケティング事業部の営業、
浪貝さんによる、「万事徹底」についてのお話です👏

今年のIAのスローガンにある「万事徹底」に基づいて、
ご自身の過去の失敗経験を踏まえ、
ミスをしない為の意識付けについて共有していただきました。

仕事をする上でミスをしてしまうことは誰にでもありますし、
起きてしまったことは仕方のないことではありますが、
ミスをしてしまう=お客様や周りの人に迷惑をかけてしまうことでもあり、
それによって、簡単に信頼を失ってしまいます。

これを防ぐ為には、ミスをしない徹底した意識付けが大切です。

浪貝さんがミスを繰り返さないために最も意識していることは、
思い込みで仕事をしないことだそうです!

「思い込み」というのは、
「事実を確認せず受け取った情報を自己流に解釈してしまうこと」です。

働いている中で、分からないことがあっても、
「確認する時間がないから」や「きっとこれで大丈夫だろう」と
曖昧に自己解決をしてしまうことは誰もがあると思います。

ただ、その思い込みによる判断によって同じミスを繰り返してしまいますから、
自分を過信せずに確認作業の徹底することが重要です👀

浪貝さんがこのような意識を持つようになったのは、前職での失敗がきっかけでした。

ミスがあるたび、上司に「思い込みで仕事をするな」と言われていたものの、
ハードな業務で余裕なく働いていたため、
確認をせず何でも自己解決するようになっていたそうで、
「思い込みをしている」という自覚が無いまま働いていたある日、
重大なミスをしてしまったそうです。

このミスは、思い込みによる安易な考えが招いてしまったものでした。
些細なことから起こった失敗が、お客様のとても大切な日を傷つけてしまったのです。

この経験から「思い込みで仕事をするな」という本当の意味を理解し、
「思い込みで仕事をしない」という意識の徹底によってミスも減り、
お客様ともより、信頼関係を築くことができたそうです✨

私もインターンに参加し、もうすぐ半年ほど経ちます。
時間が経つとどうしても慣れが出てきてしまうものです。

しかし、浪貝さんのGood&Newを聞き、
改めて自分の仕事への向き合い方を考えさせられました。

ちょっとした怠惰から大きなミスに発展するということを肝に銘じ、
万事徹底を意識して仕事に取り組んでいきます!✊