アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

【LINE広告】カスタマーリストのアップ方法

更新日:2020年12月22日

【LINE広告】カスタマーリストのアップ方法

今回の記事は、LINE広告のカスタマーリストのアップ方法についてです。

2020年2月にアップデートされたLINE広告の新機能。ターゲティング方法にメールアドレスアップロード電話番号アップロードというオーディエンスの追加が可能となりました。

顧客リストをアップロードすれば、リピーター獲得向けに過去に購入歴のあるユーザーに配信を行うことが可能になったり、顧客リストを元に類似ターゲティングを実施することが可能です。

より高い精度で配信できる顧客リストを使用した広告は、ぜひともチャレンジしていただきたいターゲティングとなっておりますので、顧客リストをお持ちの方はアップロードの方法を知っておきましょう!

1.LINE広告で電話番号とメールアドレスのターゲティングが可能に!

LINE広告は2020年2月27日にアップデートされ、ターゲティング方法が増えました。

ウェブトラフフィックオーディエンスLINE公式アカウントの友だちオーディエンスなどに加え、メールアドレスアップロード、電話番号アップロードが使用できるようになりました。

広告主様が保有している、電話番号・メールアドレスなどを元に、広告の配信対象となる配信ユーザー(リピーターなど)に絞って配信することができますし、逆に自社商品を購入したことのないユーザーに限定して配信したい場合はリストを除外して配信ができます。さらに、既存ユーザーを元に類似オーディエンスの作成をして配信することも可能です。

LINEはサービス利用にあたり、電話番号とメールアドレスの登録が必須であり、さらに国内の月間アクティブユーザー数は8,200万人と、他のSNSに比べて圧倒的に数が多く、精度の高いリストを作成が期待できます!

2.アップロード方法

それでは実際に管理画面から電話番号・メールアドレスのファイルをアップロードしてみましょう。

ファイル形式はCSVおよびTXTのものを用意します。アップロード後はデータがハッシュ化(暗号化)されるため、プライバシーの配慮がなされます。

電話番号・メールアドレスのアップロード方法

広告マネージャーをクリックします
② 共有ライブラリにあるオーディエンスを選択します

オーディエンス作成をクリックするとプルダウンメニューが出ます
この中に電話番号アップロードメールアドレスアップロードがあるので、アップロードしたい方を選択します。

④選択をすると下記画面が出てきます(今回は電話番号アップロードの画面で説明します。)

・オーディエンス名は任意で記入します。(後から変更も可能です。)

・データタイプではハッシュ化してないデータ、またはハッシュ化されたデータ化にチェックを入れます。

ハッシュ化していないデータ、ハッシュ化したデータについては下記に詳しく書かれておりますので、ご確認ください。

・ファイル(リスト)をアップロードしていただき保存で完了です。

また、5月28日にLINE広告はアップロードで電話番号・メールアドレスのアップロード用のURLを発行できるようになりました。これにより広告主が広告代理店を通すことなく、顧客の電話番号やメールアドレスを直接アップロードできます!

アップロード用のURLを発行・コピーをして開いた画面は下記のものです。

オーディエンス名を入力し、データタイプをいずれかのものにチェックを入れ、ファイルをアップロードします。発行したURLの有効期間は5日間となっていますので、有効期間後にページを利用する場合は、もう一度URLを発行しましょう!

3.まとめ

いかがでしたか?

今回はLINE広告のカスタマーリストのアップ方法について紹介しました。顧客リストをお持ちの広告主様は電話番号、メールアドレスなど顧客リストをアップして、新たなターゲティングで、獲得の精度をあげてみてはいかがでしょうか。

LINE広告は今後も積極的な新機能開発やアップロードが予想されます。引き続きLINE広告のアップデート情報やWEBマーケティングの知識や最新情報を更新していきますので、Twitterのフォロー、Facebookのいいね!をお願いします。

YouTubeチャンネルもありますので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

では、また他の記事でお会いしましょう!

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top