アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

【効果絶大】効果的なバナーキャッチコピーについて詳しく解説

更新日:2022年05月18日

【効果絶大】効果的なバナーキャッチコピーについて詳しく解説

自社の商材の認知度を広げるために、バナー広告を導入しようとしている企業は多いのではないでしょうか。

バナー広告はデザインや文章を使用して高水準の訴求ができる広告ですが、効果を最大限発揮させるには、効果的なキャッチコピーの作り方を知る必要があります。

本記事では、バナー広告の概要やキャッチコピーを作成する方法について具体的に解説していくので、これからバナー広告を活用したいと思っている人はぜひ最後までお読みください。

バナー広告とは

バナー広告は、特定のWebサイトなどで掲載される広告のことでYahoo!JAPANなどで掲載されています。

ユーザーにクリックされることで、LPやHPに誘導することが目的であり、現在ではスマートフォンのアプリでも活用されている広告手法です。

 バナー広告の種類

バナー広告には、以下のような種類が存在します。

• 運用型バナー広告
• 純広告型バナー広告

具体的な内容について触れる前に、それぞれのバナー広告について具体的に確認していきましょう。

運用型バナー広告

運用型バナー広告の掲載枠にランダムで表示される広告のことで、GDNとYDNのふたつがありGoogleとYahoo!で掲載できることが特徴です。

また、ユーザーの属性ごとに細かいターゲティングが可能なこともメリットだといえます。

運用型バナー広告で成果を出すためには、広告運用のノウハウがないままだと失敗する可能性が高いので注意しましょう。

純広告型バナー広告

純広告型バナー広告はメディアの広告枠を買い取ることで、一定期間表示されるバナー広告のことです。

メディアのユーザー層が商材のターゲット層と近い場合、大きな成果を得られる可能性が高くなります。

枠を購入することで期間中は必ず広告が表示されますが、有名なサイトの場合は金額が高くなることがあるので注意しましょう。

 バナー広告のメリット

バナー広告を活用するメリットは以下の3つです。

• 信用度の上昇
• ブランディングが容易
• 認知度の向上

バナー広告の活用を始める前にメリットについて把握しておきましょう。

信用度の上昇

純広告型のバナー広告は、Web広告の中でも料金が高いため、掲載することで他の企業やユーザーから信頼を得られます。

取引先や企業に営業をかけるときなどにYahoo!JAPANにも掲載されているなどとアピールできるでしょう。

営業先へのアピールポイントを作りたい場合にもバナー広告は有効な手法だといえます。

ブランディングが容易

バナー広告は、リスティング広告のように文字だけを使うのではなく、画像などで効果的な訴求ができます。

伝えたい情報を余すことなく記載できるため、ブランディングが容易になることがメリットのひとつです。

ブランディングを適切に行うために、バナー広告の中でユーザーに伝えたい内容をあらかじめ熟考しておきましょう。

認知度の向上

バナー広告は、Webメディアに訪問した全てのユーザーに対してアピールできるため、認知度の向上を図れます。

商材の認知度をこれから上げたい場合には役に立ちますが、Yahoo!JAPANなどの有名なサイトは掲載料が高いこともあるので注意が必要です。

 バナー広告のデメリット

バナー広告には、以下の3つのようなデメリットが存在します。

• 効果を測るのに時間が必要になる
• 制作に時間がかかる
• 必ずしも成約率が高いわけではない

メリットだけでなく、バナー広告のデメリットについても理解を深めておきましょう。

効果を測るのに時間が必要になる

バナー広告は、広告の完成後にさまざまなメディアを通して効果を測るため、クリック数などの情報を管理する必要があります。

効果を測るために時間を要するため、社内で専任がいない場合は通常の業務と併行することになり、手間が増えてしまうでしょう。

制作に時間がかかる

バナー広告は、クリエイティブによって効果に大きな差が出るため、試行錯誤して最適なものを制作する必要があります。

画像や動画を作るために専門的な知識がいるため、ノウハウがない場合は外注することで時間の短縮に繋げられるでしょう。

必ずしも成約率が高いわけではない

バナー広告は、掲載すれば必ず成果が出るというわけではなく、ユーザーの行動を促すデザインやキャッチコピーを用いることが重要になります。

また、制作がうまくいっても適切な運用ができないと意味がないため、Webマーケティングを専門に行っている企業に依頼することがおすすめです。

 バナー広告で効果的なキャッチコピーを作る方法

バナー広告で効果的なキャッチコピーを作るには、以下の手順を踏む必要があります。

1. 目的や訴求を明確に決める
2. 文字配置にこだわる
3. 短くわかりやすいキャッチコピーを設定する
4. 効果検証を行う

バナー広告で大きな成果を出すために、キャッチコピーの作り方について認知しておきましょう。

キャッチコピーについては以下の動画でさらに詳しく解説しているため、あわせて参考にしていただければ幸いです。

目的や訴求を明確に決める

バナー広告では、バナーをクリックしたユーザーが、遷移先でどのような行動をしてほしいか考えてから広告に打ち出す文章を決定することが大事です。

例えば、購入を促す場合は今なら〇〇円!詳しくはこちらなどの文言を活用することで、購入することへの障壁を下げることができます。

訴求内容や遷移先のおおまかな情報などを踏まえて文章を作成し、大事なポイントを抜粋して全体を組み立てていきましょう。

文字配置にこだわる

バナー広告で多くの人に訴求するためには、一瞬で見て理解できるようにすることが大切です。

数字を大きく目立たせたり縦と横で配置することで、ユーザーが視覚的に捉えられるようにできるでしょう。

他にも、伝えたい情報をセリフ風にすることや点々と線を活用することも効果的な文字配置の例として挙げられます。

短くわかりやすいキャッチコピーを設定する

人が一瞬で認識できる文字数は10文字前後だと言われているため、短くわかりやすいキャッチコピーの設定が大事です。

効果的なバナー広告を作成する際は、一番伝えたいこと定めて情報を整理する必要があります。

またこの広告を見た方限定など、メイン訴求を邪魔しない程度にユーザーの行動を後押しすることも大切です。

効果検証を行う

キャッチコピーの設定まで完了し、広告を出稿したら、最後に訴求文言を変えてABテストを行う必要があります。

複数のデザインや文言を試すことで効果的な物を見出せるだけでなく、効果が悪いバナー広告の例についても体感できるでしょう。

現在出稿している広告だけでなく、次に広告を出す際にも参考になるため、効果検証は必ず行ってください。

 まとめ

いかがでしたか?

バナー広告は、Webサイトやメディアに掲載できる広告であるため、多くの人の目に触れることができます。

認知度の拡大やブランディングをおこないたい際は多いに役に立つでしょう。

ただし、効果を最大限発揮させるためには、デザインや文言に注力し、質の高いクリエイティブを制作する必要があります。

バナー広告で効果的なキャッチコピーを作成するには、まずは目的や訴求を明確に定めることが重要です。

また、文字配置にもこだわりつつ、短くてわかりやすいキャッチコピーを制作するようにしましょう。

完成した広告をただ配信するのではなく、最終的には効果検証を通して、より高いクオリティのバナー広告を模索することが大切です。

この記事を書いた人

インフィニティエージェントラボ編集部です。 媒体最新の情報やマーケティングコンテンツを更新中です!

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top