アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

事業を高速でスケールする!One To Oneマーケティング

更新日:2020年12月25日

事業を高速でスケールする!One To Oneマーケティング

One to One(ワントゥワン)マーケティングという言葉をみなさまはご存知でしょうか?

よくマスマーケティングとの対象用語として比較される言葉です。インターネット市場も急拡大しユーザーにカスタマージャーニーも複雑化しています。様々な便利なサービスが普及され、インターネットを通して簡単に情報を得られる世の中になった反面、顧客の好みや欲求は多様化してきています。

簡単に言うと検索すれば大抵の情報は得られるし、必要としているサービスにたどり着くということです。ユーザー自らが情報を取得する時代の中で、多様化したニーズに合わせたマーケティング手法として、年々その重要度が増しています。

個々の顧客を引き付けるようなマーケティング手法が求められるようになってきた中で、マーケティングの考え方も移り変わっており、今回はOne to Oneマーケティングとはどのようなものかについてお伝えします。

1.One To Oneマーケティングとは?


One to Oneマーケティングという言葉の意味は、

マスマーケティングという多数をターゲットとする一律のマーケティング手法に対して、顧客一人ひとりを意識したマーケティングを行うこと。製品単体ではなく、提供の仕方やサービスなど、顧客の体験から差別化を図るものである。

引用:ワントゥワンマーケティング ー ウィキペディア

と定義付けされています。

マスマーケティングは大衆に向けたその他大勢に対する手法に対して、ワントゥワンマーケティングはその顧客一人をパーソナライズしたマーケティング手法となります。

簡単に言うと「ブランドAの靴が欲しい人にはブランドAの靴の商品情報を提供する」と、考え方としては至ってシンプルです。

即ち、これまでの広く浅くという広義的なアプローチの手法から、ユーザー一人ひとりに合わせた狭く深い価値を提供するマーケティング方法が求められているということです。

ITが発達したことによりマーケティングも煩雑になってきていますが、それに伴ってITテクノロジーも進化し、マーケティングオートメーションを中心に上記のシグナルを拾うための作業を自動化して行うことができるように進化したことも、MA市場の急激な伸びと関連付きます。

2.One To Oneマーケティングがなぜ重要とされているのか?

結論、便利な世の中になった反面で情報がありふれ過ぎてしまっているからです。

日常生活において、インターネットは今や欠かせない存在であると言えますが、 消費者は常に情報が自然と収集できてしまう環境になっており、自分の目的や理想に合った商品やサービスが広告を通して、常にアプローチされているという状況にも気づいていないことがほとんどです。企業もできるだけ多くの顧客を獲得するために、様々な工夫をしてアプローチで消費者に自社の製品やサービスを宣伝しています。

しかし、情報が簡単に且つ自動的に入ってくる世の中で、誰もが関心を持ってアクションをするとは限りません。 ユーザーは多様な価値観が存在し、顧客の好みが細分化されている中で企業は顧客を理解して接客をしなければなりません。

IT技術の発達により、顧客の情報は以前よりも収集しやすくなり、膨大なデータを解析してカテゴライズを行った上で、1人1人に合った接客(One To One)を提供することが可能となっています。

1人1人のニーズに寄り添うことで、顧客により価値のある体験をしてもらい、 継続して顧客の消費活動を支えることは、企業の顧客生涯価値(LTV)を高めることができるため、企業が顧客に対して常に質の高い商品やサービスを提供することで、長期間にわたり利益を獲得することにつながっていきます。

そのユーザーが欲しいタイミングで、欲しい物(サービス)を提供するということが、今のマーケティングには求められています。

3.まとめ

いかがでしたか?

ユーザーのカスタマージャーニーの変容やインターネット広告市場の急激な伸びにより、一筋縄ではいかなくなったWebマーケティングですが、その反面テクノロジーも進化しています。

このOne To Oneを実現するころができるプロダクトがマーケティングオートメーションであり、マーケティング(営業活動)業務を自動化することで業務効率化、生産性向上を図り、顧客のフェーズそれぞれに対して適切なマーケティングアプローチ(One to One)を行うことによって、契約受注確度を高めたり、効率化することが可能となります。

そんなマーケティングオートメーションであるHubSpotの導入支援コンサルティングも弊社では行ってますので、ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい!お役に立てれば幸いです。ご一読いただきありがとうございました!

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top