Good&New Vol.130🌈振り返ることの重要性とポイント

こんにちは!ブログチームです!

今回は、コンサルティングDiv.大柴さんのGood&Newを紹介します!テーマは、インフィニティエージェントの行動指針にある「思考は現実化すると信じ常に理想の自分を想像すべし」についてです。

12月ともなると、1年の終わりに近づき、自然とこの1年を振り返ろうという気持ちになるかと思います。意気揚々と今年の1月に、今年は何かを始めよう、これを達成しよう等と掲げたことはありませんでしたか?それは達成できたでしょうか🤔

多くの人が、いつの間にかうやむやになっていたという状態ではないでしょうか。逆に、少数ながらもしっかり達成できたという人もいるかと思います。1年というのは、何かを維持し続けるにはとても長く、そして何かを達成する為にはとても短い時間です⏱

その少数の成功した人たちはおそらく、運に恵まれた!というラッキーパターンを除けば、大きな最終目標の為、日々細かな目標を立て、挑戦、達成を繰り返してきた地道な努力の積み重ねの結果を出した人たちだと思います。

なんだかうやむやのまま1年の目標が立ち消えてしまった皆さん。このまま漠然と「失敗したな、来年頑張ろう💦」などと思っていると、今年と同じことの繰り返しになると思います。🌀

目標やモチベーションは、一体いつ消えたのか。それはなぜ消えたのか。目標は現実的か、非現実的か。現実的なのであれば、目標は高すぎないか、低すぎないか。達成のための道筋は立っているのか。自分の考え方のクセと具体的な道筋さえたっていれば、同じ1年は訪れないはずです。そしてその意識の変え方1つで、来年の仕事の成果は変わるはずです🤔

今年の取り組みを越える来年1年間を過ごすために、丁寧にこの1年を振り返ってみてください。
これまでの取り組みを一度に全て思い出すのは難しいため、やったことは定期的にメモしておくのもポイントです。また、振り返る際は成功した取り組みだけでなく、失敗に終わったことも書き出し、振り返りに活かしましょう。

Y(やったこと) ・・・何を実施したのか(経験)
W(わかったこと) ・・・何がわかったのか(反省)
T(次にやること) ・・・次に何をすべきか(次への応用)


12月に1年間の振り返りをしようとすると、どうしても忘れてしまっていることが多くなるので、私は日記をつけているので、月に一度日記に書いた内容を基にYWTで振り返りを行い、その月であったことをなるべく忘れないようにしています。

YWTの目的は、経験から得た自身の学びを落とし込み、自己の成長を促進することです。
単に業務をこなしているだけでは、自分の行った作業の意味や改善点を把握できず、ルーチンワークになってしまいがちです。定期的に振り返りを行って、自分の成長を自覚したり、毎日の業務を点ではなく線でとらえることで現在行っている業務にやりがいを見出せるようになるのではないかと思いますので、ぜひ皆さんも振り返りを行うクセをつけてみてください。💁‍♂️

いかがでしたか?

なんとなく頭の中で目標を立てて過ごしている人も多いのではないでしょうか?
私も目標を立てても知らないうちに忘れてしまっていることが多々あります。😞
忘れないために、日々振り返りを行って成長していくために
わたしも来年からYWTを活用して記録していきたいと思います🙌🏻