アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

【初心者でもわかる】キーワードプランナー使い方ガイド

更新日:2020年12月22日

【初心者でもわかる】キーワードプランナー使い方ガイド

検索広告成功のカギ!キーワード設定の基本を押さえて成果向上!でもあったように、検索広告において、広告の成果を上げために最も重要な要素と言っても過言ではないキーワード設定

キーワード設定はユーザーが広告に触れるための1つ目の仕掛けです。そんなキーワードの候補や競合性、キーワード単価などを知るのに便利なキーワードプランナーというツールがあります。

今回の記事では、そんな便利なキーワードプランナーについてご紹介します。

1. キーワードプランナーって?


キーワードプランナーは、検索広告を出稿する際のキーワードについて調査できるようにGoogleが出している無料ツールです。

このツールを使用すれば、ビジネスに関連する新たなキーワードを見つけることができたり、そのキーワードの検索数の見積もりや、キーワードをターゲティングする費用(クリック単価など)の見積もりを確認したりできます。あくまでもGoogle検索での数値となりますが、キーワードの調査をするのにオススメとなっています。

キーワードプランナーを使用するメリットは、5つあります。

新しいキーワードを見つける
自身の商材やサービス、ウェブサイトに関連するキーワードの候補を確認することができる
月間検索ボリュームを確認することができる
そのキーワードが1ヶ月に獲得する検索数の見積もりをすることができる
費用を決める
そのキーワードの検索で表示される広告の平均費用を確認、平均クリック単価の確認もできる
キーワードを整理する
みなさまやお客様のキーワードがブランドに関連するさまざまなカテゴリのどこに当てはまるのかを確認することができる
新しいキャンペーンを作成する
キーワードプランを使って、詳細なキーワード調査を中心とした新しいキャンペーンの作成が可能

なお、キーワードプランナーではキーワードターゲティングの分析情報を入手することが可能ですが、キャンペーンの掲載結果はさまざまな要因により変動することもありますので注意しましょう!

2.キーワードプランナーの使い方

Googleキーワードプランナーを使うには、Google広告アカウントが必要になります。

① Google広告アカウントにログインをして、管理画面を開いたら右上のツールと設定をクリックします
ツールと設定の中にキーワードプランナーがあるのでそれをクリックし次の画面に進みます

③キーワードプランナーを開くと下記の画面が出てきます

新しいキーワードを見つける

新しいキーワードを見つけるはその名の通り、キーワードやサイトのURLを入力することで、そのキーワードやサイトコンテンツに関連するキーワードを抽出してくれる機能となっています。

クリックすると下記の画面が表示されます。

キーワードから開始では最大10個のキーワードを入力することができます。

また、キーワードのみではまだ絞り込めていない場合は、サイトドメインをフィルタとして追加することができます。追加すると、そのサイトに掲載されたコンテンツに関連するキーワードのみに絞り込むことも可能です。

キーワードから開始の結果表示をクリックすると下記画面が出てきます。キーワード候補が表示されたり、主要なデータを確認することができます。

月間平均検索ボリューム
指定した地域・期間に、対象のキーワードとその類似パターンが検索された平均回数を表示します。
競合性
対象のキーワードの競合の程度が”高・中・低”の3段階で表示され、データの蓄積が十分でない場合は” – “で表示されます。
広告インプレッションシェア
キーワードプランナーを使用している広告アカウントにて広告配信実績がある場合、各キーワードの検索機会に対しどの程度広告表示ができたかを表す指標となっています。
ページ上部に掲載された広告の入札単価
過去に対象のキーワードでページ上部に広告を表示した広告主の単価実績のうち、低い単価と高い単価がそれぞれ表示されます。

他にも表示項目の変更をすると様々な指標を見ることができます。デフォルトで表示されているもの以外では、競合性(インデックス値)、オーガニック検索のインプレッションシェア、オーガニック検索の平均掲載順位があります。

競合性(インデックス値)
競合性のレベルを0から100の数値で表したもので、数字が大きいほど競合性が高くなっています。
オーガニック検索のインプレッションシェア
Search ConsoleアカウントをGoogle広告アカウントにリンクしている場合のみ見ることができる指標で、各キーワードの検索数に対して実際に実際に自社サイトがオーガニック枠に表示をされた割合を表します。
オーガニック検索の平均掲載順位
こちらもSearch ConsoleアカウントをGoogle広告アカウントにリンクしている場合のみ見ることができる指標で、各キーワードにおける自社サイトのオーガニック枠での平均掲載順位となっております。

検索のボリュームと予測のデータを確認する

検索のボリュームと予測のデータを確認するでは、指定したキーワードで広告を出した場合の予測のデータを見ることができます。

クリックすると下記の画面が出てきます。キーワードを直接入力することもできますし、CSVファイルをアップロードすることも可能です。

キーワードの入力(またはファイルのアップロード)をして、開始をクリックすると下記のような結果画面が表示されます。

上の四角には入れたキーワードでの合計費用、上限クリックなどの予測データが表示されます。

下の表ではキーワードごとにクリック数、表示回数、費用、クリック率、平均クリック単価の予測データが表示されます。上のタブから選べば、除外キーワードの設定をすることも可能です。

また、予測データだけでなく、過去の実績を確認することもできます。

3.まとめ

いかがでしたか?

今回は、キーワードプランナーについてご紹介いたしました。検索広告においてキーワードの選定はターゲットを決める大事な要素になりますので、キーワードプランナーを使用してキーワードを探したり、検索数や競合度合いを調べたりしてみてはいかがでしょうか。

引き続きWEBマーケティングの知識や最新情報を更新していきますので、Twitterのフォロー、Facebookのいいね!をお願いします。YouTubeチャンネルもありますので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

では、また他の記事でお会いしましょう!

インフィニティチャンネルでも解説しています!

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top