アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

【今更聞けない】Criteoとは?注目される理由を解説

更新日:2020年11月11日

【今更聞けない】Criteoとは?注目される理由を解説

広告媒体のDSPのジャンルとして分類されるCriteoはご存知でしょうか?おそらく広告担当者であれば代理店から営業が来て話を聞いてみたり、実際に導入をされている方も多いと思います。

Criteoとは、ネット広告配信を行っている会社の名前でもあり、フランス・パリ発の会社で、グローバル展開をしています。その中で、日本でも大きなシェアを獲得しており、クリテオの広告を目にした日本のインターネットユーザーは全体の92%にも及びます。

参考:Criteoのリーチは「Googleディスプレイネットワーク」に次いで2位、日本は88%でトップ ー MarkeZine

今回はそもそもCriteoとは何なのかという初歩的な部分と、媒体としてのターゲティング要素(特徴)をお伝えしたいと思います。新たな集客チャネルの為の媒体を模索している方に気づきがあれば幸いです。

1.Criteoとは?


Criteoとは、ディスプレイ広告型の動的(ダイナミック)リターゲティング広告です。ダイナミックとは、ユーザー毎の商品の閲覧履歴(cookie)をもとに商品やサービスに関する広告を自動生成して表示するリターゲティング手法です。簡単に言うと、Aという商品に興味がある人はBの商品にも興味があるであろうと判断してアプローチする、リコメンド施策の1つです。

広告のリンクは商品詳細ページに直結しているため、CVに直結しやすいと言われています。くるくるとバナー内の商品が回る特徴的なディスプレイ広告を見たことがある方も多いのではないでしょうか?分かりやすいようにデモのリンクを貼っておきますのでご覧ください!

導線の流れを簡単にまとめると下記の通りです。

① ユーザーがサイトを訪れる
② ユーザーの閲覧情報に合わせて、そのユーザーに最適な広告が自動的に作られる
③ サイトを離脱したユーザーに、最適なディスプレイ広告(バナー)が表示される

Criteoの広告バナーは、ユーザーのデータに基いて自動で生成されます。そのため、データフィード(サイトの全ての商品のデータのリスト)を用意して登録してしまえば、あとはいちいちバナー広告のデータを作成する必要はありません。登録したフィードに基づいて配信内容が決まり、ユーザー1人1人にパーソナライズされて配信がされます。

2.何故、Criteoが注目されているのか?


では、このCriteoが何故注目されているのかをまとめたいと思います。注目される=効果が担保できているということの根拠に繋がりますので、詳細をお話するとかなり細かい部分までメリットがあるのですが、今回は分かりやすく3つに絞って簡単に説明させていただきます。

① 優秀な配信アルゴリズムと配信ロジックを形成する莫大なデータ量
② 唯一、第三者媒体としてYahoo!面(YDA)に配信が可能
③ GDNとYDAに比べてCPCが安い

2-1.優秀な配信アルゴリズムと配信ロジックを形成する莫大なデータ量

冒頭で申し上げた通り、ユーザーの行動履歴や興味関心などを機械学習し、CVにつながるタイミングと最適な広告配信面を狙い自動で配信されます。

それを実現するのは膨大な企業のユーザーデータを持っているからです。これまでの配信データすべてを突合したアルゴリズムにはユーザーがどのタイミングでCVにいたる確率が高いのかというビックデータを基に露出のタイミングを自動で調整しています。

そして、表示されるバナーはユーザーごとに最適化されます。例えば、直近で閲覧した商品、カートに入れた商品、カテゴリが同一の商品、CTRが高い商品など、データをリアルタイムに学習・分析し、CV獲得につながりやすい商品を表示します。

ここで重要な機械学習ですが、配信開始時は最初の10~14日で、Criteoのエンジンが学習モードに入り自動的に最適化を続けます。ここで学習させる為の広告の構成の組み方も重要です。どの広告も通ずるところですが成功パターンを見つけるための時間(耐える)こともポイントです。

2-2.唯一、第三者媒体としてYahoo!面(YDA)に配信が可能

Googleのネットワーク(GDN)にはたくさんの媒体が配信できますが、Yahoo!のネットワーク(YDA)にYahoo!以外で配信できるのはCriteoのみです。

ディスプレイの施策には良質なネットワークに配信できることが重要であり、CriteoがこのYahoo!面に配信ができるということも、効果に貢献している要因であると考えられます。

広告配信先はYahoo!をはじめ、goo、msn、食べログ、はてなブックマーク、など多数のメディアがあり、Google、Microsoft Advertisingなどの多数の広告ネットワークとも提携しているので、非常に多岐にわたります。

Criteoの広告ネットワークの大きさはGoogleに次いで2位と言われており、冒頭でも述べましたが、日本のインターネットユーザーの実に92%はCriteoの広告を目にしています。

2-3.GDNとYDAに比べてCPCが安い

ここまでメリットをお話し、優秀な機械学習とGoogleに次ぐ面の保有率とYahoo!面にも配信ができるというメリットだらけの媒体である分、CPCも高いのでは?と誤解されることが多いですが、そんなことはありません。

商材にもよりますが、GDN・YDAよりもCPCが安いというケースがほとんどです。限られたマーケティングの広告予算の中でクリック数を増加しやすく、CVRの高い高角度なユーザーに配信できます。

この3つが、主なCriteoが選ばれる大きな理由であると弊社は考えています。そんなメリットの大きいCriteoですが、配信をするにあたっての必要な準備や制限も設けられています。続いてはそちらについてお話させていただきます。

3.配信において必要な準備と制限

効果の高い媒体である反面、少々ややこしい準備や制限があります。。必要な準備としては、主に下記の3点です。

そもそも貴社のサービスページに2万UU数のセッションがあるのか?

データを活用するにあたりパーソナライズする為のデータが根本になるので、媒体社としてサイト内の回遊ユーザーに制限を設けています。

データフィールドの準備

Criteoにはバナーで表示される情報のもとになるデータフィードが必要です。データフィードとは商品ID、価格、在庫数、商品画像などを含む情報をリスト化したものです。

細かいタグの発行と設置

ユーザーの購買意欲や商品への関心度合いといったCVにつながる詳細なデータを貯める為に、サイトの重要な階層ごとにタグを分けてデータを蓄積することが必要です。

基本的には、上記の3点が配信にあたって重要な要素となります。

4.まとめ

いかがでしたか?

今回は、ディスプレイ広告型の動的(ダイナミック)リターゲティング広告であるCriteoについてまとめさせていただきました。少々厄介な制限や準備がある分、効果としては絶大であるということをなんとなく知っていただけたら幸いです。

今回の記事はあくまで概要ですので、具体的な事例やプランニングということも弊社はCriteo認定パートナーですので可能でございます。もし興味がある方はご相談いただければ幸いです。

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top