Good&New Vol.139🌈諦める勇気

こんにちは!ブログチームです!

今回は、人事の藤田さんのGood&Newを紹介します!テーマは、インフィニティエージェントの行動指針の1つにある「諦めの向こうに成功があることを信じる」についてです。

先日「アナザースカイ」という番組にLDHの代表取締役社長を務めるEXILE HIROさんが出演しており、その時のお話をさせていただきます。(学生時代のすべてを捧げたと言っても過言ではないほどEXILEが好きで、つい見入ってしまいました…🥹)

HIROさんは2017年に一度社長の座を退いており、「世界を舞台にエンターテインメント」を創ろうとアメリカやヨーロッパ、アジアを活動拠点に準備を進めていた中、LDH社はコロナ禍を迎えすべてが変わってしまったそうです。一消費者(ファン)としても、LDHに限らずエンターテイメントの業界ではライブが一番の魅力である中、予定されていたライブがすべて中止となったことは記憶に新しいです。(当時楽しみにしていたEXILEのライブも最終日が中止となりました…🥲)

ライブの中止を含め、アメリカやヨーロッパに拠点を作るという計画も撤退することになり、撤退する勇気を初めて学んだとHIROさんは話していました。

その後、LDH社はコロナ禍での取り組みとして、オンラインでのライブ配信をいち早く取り入れ、その後もおそらく最も早いタイミングで観客を動員してのライブを復活させています。

そして、昨年HIROさんは社長へ復帰しました。戦略を練り直した末、新たに選んだ拠点はタイのバンコクであり、音楽や芸能に寛容な国民性から勝機があると感じたようです。実際に現地のイベントへ足を運んだ知人に見せてもらった動画では、現地の人たちが日本に負けないくらいの熱量で盛り上がっていました😳

「諦めない」というと、一度決めたことをやり切ることだけが正解だと考えてしまいますが、時と場合によっては、「一度退く」という選択が正解になると思いました。実際に業務をしていても、計画を練り直すことが必要な瞬間はあると思いますので、長い目で見たときにどのような判断が正解なのかという観点を持ちたいです。

また、今回のお話をするに際して他にもHIROさんのインタビューにいくつか目を通したのですが、「夢の叶え方はひとつではない」ということを話していました。

企業規模や世間との相性などで自分たちのタイミングでは叶えることができなかった夢を後輩グループが違った形で叶えているという事例がLDHの中では多々あるようです。これはインフィニティエージェントでも同じで、設立当初にお取り組みができなかった企業様と数年越しにお取り組みをするようになるといった場面をよく目にします。第二創業期にあたる今、これまで実現できなかった、逃してしまった事象にも気持ちを新たに取り組んでいきたいと思いました!

いかがでしたか?

人生は選択の連続だといいますが、続けてきたことを諦めるという決断はとても勇気がいることですよね…🤔しかし、時には状況を冷静に判断し、選択・決断することも大切だと思いました🙌🏻