根津 将太朗根津 将太朗

FUTURE
COLLEAGUES
根津 将太朗Shotaro Netsuデジタルマーケティング事業部
プランニングディビジョン 新卒入社

インフィニティエージェントで戦い続け、体現していく

企画や構成力など緻密なプランニングを得意とする根津さん。
メンバーをまとめ、的確なフォローをするその姿から、クライアントからの信頼は絶大です。
最近では、業務効率化やフローの構築にも取り組んでいます。

学生時代、根津さんは
どのような学生でしたか?

一言で言うと「好奇心の塊」だったと思います。安定とか普通という言葉が大嫌いでした。

小学生から高校までは甲子園を目指して本気で野球をやっていた野球小僧で、大学でも野球を続けるという選択肢も無かったわけではありませんが、一度きりの人生で大学生活は野球以外のことにもっと触れ、経験したいと考え、大学生活は派手に遊びながらアルバイトも複数していました。例えば、大学生100人くらい集めたイベントを定期的に開催したり、旅行やヒッチハイクをしたり、THE大学生がやることは一通りやったと思います。

そんな後先考えず漠然と好きなことだけをして大学生活を過ごす中で、「お金が全てではないが、お金が無いと何もできない」ということを実感したことを覚えています。自分のやりたいことや好きな事を続けていく為には、人と同じことをしていても意味がないと考えていたタイミングで、このインフィニティエージェントに出会い、インターン生からそのまま一期生としてジョインしました。

インフィニティエージェントへ
入社を決めた理由を教えてください。

実は、最初にこのインフィニティエージェントに面接に来た時は、西日暮里の駅を下りてすぐの所にある外見も中々渋めで狭くてこじんまりとした旧オフィスでした。その時は「この会社には入らない」と思ったことを今でも覚えています(笑)

ですが、最初の面談で代表から直々に会社のビジョンや熱意をお話していただき、漠然と「派手でイケてる会社」に就職したいとしか考えていなかった私に、まだ設立したばかりの未来しかない会社で「会社を創っていく」ということの考えやロマンをご教示いただきました。その時、素直に「楽しそう」と思ったことと「自分でイケてる会社を創りたい!」と思ったことがインフィニティエージェントに入社を決めた理由です。

「楽しそう」という理由を前述しましたが、私の物事を「楽しいかどうか」だけで判断をしています(笑)捉え方によっては「浅はかで何も考えてないんじゃないか」と思われたりするかもしれませんが、絶対に忘れてはならない気持ちだと感じています。例えば、これまで皆さんも部活動や習い事、趣味など継続して行ってきたモノがあると思いますが、何故それを「続けられている」のか考えたことはありますか?答えはシンプルで、素直に「楽しい」という気持ちがあったからだと思います。

冒頭にもあったように、小学生の頃から高校まで長い間野球をやっていましたが、年中丸刈り坊主で練習も辛かったですし、休みも無く、遊んだことも数えるほどしかありませんでした。よく周りの人達に「なんでそんな辛いのに続けられるの?」と言われていたのも事実で、今思えば「どうしてあんなに続けられたのか」と私も疑問です。ただ、当時を思い返すと確かに辛かったことは事実ですが、結局「楽しい」という根本的な気持ちが原動力となって「もっと結果を出したい」とか「あいつに勝ちたい」と湧き上がる野心が私を突き動かしていたんだと思います。

とはいえ、時間を戻してあの頃に戻れると言われても絶対戻りたくないですけどね(笑)

結論、「野心を持って楽しく仕事ができる環境」という点に今思えば惹かれたんだと思います。そしてそれを伝えてくれたのが代表でした。今となれば会社も大きくなり、綺麗なオフィスで仕事をして、任せていただけるものも増え、会社の成長に直で貢献できていると実感できています。今はまだ、思い描く成功はできていないかもしれませんが、「自分の決めた道を成功にする」という代表の言葉通り、刺激的な日々を送っています。

IA People

入社後大変だったことを
教えてください。

正直無いです。日々の業務でいい意味で自分に常に負荷がかかっている状況が楽しいので、マイナスな気持ちとして感じたことは一度もありません。確かに、壁に当たることも多々ありますが「どう乗り越えるか」という前向きな思考で進んでいるので逆境を楽しんでいます。

とはいえ、組織で行動をしている以上、弊社のメンバーも含めて全員の人間がこの考え方を持てるかというとそうではないと思います。仕事は楽しんでもらうのが一番であると考えているので、このスタンスを背中で見せつつ、メンバーを引っ張れるよう、日々結果にプレッシャーを感じながら戦っています。

インフィニティエージェントの
ど好きなところを教えてください。

「評価基準がはっきりしている点だと思います。例えば、弊社では年齢や職歴関係なくフラットに全員が役職者を目指せる環境になっており、業務スキルだけではない「成長」という言葉の多面性を感じます。仕事ができる人は評価されますが、それだけで役職を持てるかと言われるとそうではありません。役職を持つというのは「組織を持つ」ということであり「人を育てることができるかどうか」という点も重要です。

結果にコミットする文化はもちろんありますが、平均年齢も28歳と若い会社ですので、インフィニティエージェントにおいては若いうちから裁量を持ってマネジメント分野のスキルも学ぶことができる点は他にはない良い点だと感じています。

あとはシンプルに代表の背中がカッコイイです。ここまで「背中で語る」ということを体現できる人は他にはいないです。もし機会があれば設立当初の話なども聞いてみてください。

              

最後に、根津さんの今後の
目標を教えてください。

個人的なスキル目標としては、分析について研究をしていきたいです。もともと営業という職種上、上流工程のマーケティング分野に関する提案などは得意ですが、広告の運用業務に基づく実務ベースの数字を深堀した提案等は運用実務経験がなく、スキルとしては乏しいと感じています。組織を持って行動をしている中で、メンバーに運用業務に関するアドバイスを求められた時に、表面上の定性的な要素の強いアドバイスしかできていない感は否めないので、より的確なアドバイスをできるようにしなければなりません。逆の立場で考えた時に、「ついていきたい!」「この人なら間違いない」と道しるべを照らすことのできる上司になる為に、スキルをさらに上げていきたいと思います。

会社としての目標は「インフィニティエージェントを世に知らしめること」です。数ある企業の中でも、何をしている会社かは分からないけど名前だけは知っているという企業は多くあると思います。そのような企業は何かしらの形で、世の中に認められ、求められている価値を提供している企業だと考えています。ビジョンにも掲げている「社会に価値を人に感動を提供する企業」を体現している企業が、今回の目標として掲げていることだと感じています。

弊社も現在デジタルマーケティング事業の他にフィンテック事業も行っていますが、このビジョンを達成するうえで極端なことを言うと事業は何でも良いのです。あくまで手段でしかありません。そして、弊社の理念は事業に対する言及をしていません。会社としての在り方は社員1人1人が創り上げているものですので、このマインドを忘れずにインフィニティエージェントで戦い続け、体現をしていくことが目標です。

ENTRY新卒・キャリア採用の募集日程は下記ボタン
よりご確認ください。