Good&New!Vol.05👍✨

こんにちは!
デジタルマーケティング事業部で営業を担当している蓑浦です。

本日より一部メンバーについては出社が可能になり、
久々のオフィスはやっぱり気分が引き締まりますね😎

最近は寒くなったり、暖かくなったりと温度差の激しい日々が続いておりますので、
引き続き体調にはくれぐれもお気を付けください!

今回は弊社メディア、Infinity-Agent Labの編集長、
藤田さんのGood&Newを紹介します!

テーマは“神細”です。
藤田さんが大学4年間アルバイトをしていた某居酒屋では、
食で感動を与える、2時間の食事でお客様に感動体験をしていただくために、
居酒屋でありながらもホスピタリティに注力していたそうです。

そこでは社長、社員、アルバイト、全スタッフ間で伝わる合言葉のようなものがあり、
その中でも特に使うことが多いのがこの神細という言葉です。

神細とは、「神は細部に宿る」という言葉の略されたもので、
この言葉なら耳にしたことがある方もいらっしゃるかと思います。

全体や表面上の見た目ばかりを気にして、
細かい部分を疎かにしてしまうと、結果として全体の完成度も落ちてしまう、
だからこそ、本物は細部に至るまで念入りにこだわりが貫かれている
ということを表現した言葉です。

実際に藤田さんがアルバイトをしていた際には、
お皿や箸などのテーブルセットの位置や向きから、
料理の盛り付けやドリンク氷の数まで拘っていたそうで、まさに神細です!

そして、これは単なるルールではなく、
どんなに忙しいときであっても細かいことに拘るということ、
さらには忙しいときほど拘るように意識が統一されており、
その結果「料理が見た目から美味しい」、「お手洗いが綺麗で嬉しかった」
など、忙しいときでもお褒めの声をいただくことが多かったそうです。

藤田さんはこの神細の精神を今でも意識しており、
些細なことだと社内のチャットの文面などにも拘っていて、
実際に藤田さんの文面は優しさに満ち溢れています!😳✨

私自身も神細を常に意識し続け、藤田さんに負けないように
思いやりの持った行動ができるようにしていきたいと思います✊

是非皆さんも意識して行動してみてください!