インターン生インタビュー🎤vol.1

こんにちは!採用担当です!
いつも採用ブログをご覧いただきありがとうございます!

今回は過去のインターン生のインタビューをお届けします👏

👦 松本晃紀さん

なぜインターンを始めたのか

単純に、成長したいと感じたからです。

私は高校まで水泳をやっていましたが、
大学に入ってからは水泳を辞めて、カフェでのアルバイトを頑張って、
それなりに遊ぶといった平凡な日々を過ごしていました。

大学3年になり、徐々に就職活動を意識していく中で、
自分自身の大学生活を振り返った時に、
特別な活動をしてきたわけではなく大した成長をしていないと危機感を感じ、
就職後も他の学生と大きな差をつけられるようにと、
長期インターンを始めるという行動に至りました。

私自身、人と話す事は好きだったので営業職を考えていて、
将来営業職で役立つようなインターンを探していたところ、
インフィニティエージェントを見つけました。

大変そうなイメージでしたが、
自己成長のためにはきつい道を進むことが必要だと思い、
インフィニティエージェントでのインターンを始めました。

身についた考え方やスキルとは?

目標意識を持つことの大切さを学びました。

インターンでは、営業における商談のアポイントをとるアポインターとして活動しました。
学生でインターン生と言えど会社の一員、ましてや営業のため結果を求められます。

ただ、無茶苦茶なノルマを課せられるわけではなく、自分自身で月毎に目標を決めて
達成するためにはどうしたらいいのか考えていかなくてはいけないため、
常にPDCAサイクルを回すことが必要となります。

結果がうまく出ない時は、
社員さんやインターンの学生とロールプレイングを行って、
自分のトークを第三者の視点からフィードバックをもらい、
結果を出すために必要な改善点を常に意識するようにしました。

このような環境があったからこそ、上記の考え方が身についたと思います。

なぜその考え方やスキルが身についたのか

社員さんやインターンの学生が、
常に向上心や目標意識を持って仕事に取り組んでいたので、
自然と自分も同じような考え方になっていったんだと思います。

インターンを始めた当初、私は割と早い段階で初契約を達成することができましたが、
その次の月では目標を達成できず、メンタル面でかなり落ちていました。

その時に、
壁にぶつかった時こそ自分が成長できるチャンス
という言葉をかけてもらい、諦めずに挑戦し続けることができました。

その結果、次月では契約数も増えたので、
常にモチベーションを高く保ち続けることがいかに大切か実感した瞬間でした。
インターンでは環境に恵まれ、自分自身の成長に繋がるいい機会だったと思います。

これから挑戦したいこと

会社でトップの売り上げを誇れる営業マンを目指します。

そのためには、これからも多くの人と積極的に関わっていくことを意識していき、
周りの人達に良い影響を与えていくことができるような存在になっていきたいです。

その他にも、大学のゼミやカフェでのアルバイト、
就職活動といった大学生のうちしかできないことを楽しんでいきます。

大きな目標を達成するために、
まずは目の前のタスクを完璧にこなしていくことが必要だと思うので、
あらゆることに意義を持った行動をしていきたいです。

インターンを通して学んだ常に高い目標を持つことを意識して、
何事にも妥協することなく、自己成長に繋がるような多くのことにチャレンジしていきたいです。