アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

Twitter広告キャンペーンの「目的」が多すぎるので整理してみた

2019年05月20日

Twitter広告キャンペーンの「目的」が多すぎるので整理してみた

今回は、Twitter広告の特徴についてご説明していきます。

リスティング広告を実施している企業で、パフォーマンスが安定すれば当然、更に反響を拡大していくために次なる広告媒体を模索していくと思います。
その時に、Twitter広告は候補には上がるものの、結局実施しない。そんな経験はないでしょうか。

「あの広告クリックしないでしょ!(笑)」
「キャンペーン告知に使うものじゃないの?」

という声が聞こえてきそうですが、アカウントの設計次第ではリスティング広告以下のCPAでコンバージョンを獲得することができます!

そのためにまず、キャンペーンの「目的」設定を選ぶのですが、これが8種類もあり分かりづらい。
今回は、各キャンペーン目標の解説とプロモーションの方向性に合わせた選び方のポイントをお届けしていきます!

1.Twitter広告を始めるにあたって無くてはならない1つの考え

Twitter広告は、目的別にキャンペーンを作成しなくてはなりません。

なぜなら、目標によって課金対象や最適化の対象が変わるため、パフォーマンスが大きく変動します。

正しく理解し、Twitter広告でのプロモーションを成功に導きましょう。

※今回はアカウント設計のお話です。

まずTwitter広告の概要やメリットを知りたい方は、下の記事をご覧ください。(参考:今更だけど整理したい。Twitter広告で出来ること)

Twitter広告のキャンペーンを作成する際、最初に「目的」を設定する必要があります。

これを決めることでより達成したい目的に沿った広告配信をすることが非常に重要な要素となってきます。

下記はそれぞれの目的について迷わないように簡単にご紹介できればと思います。

2.コンバージョン獲得向けのキャンペーン目的一覧

コンバージョンの獲得向けの「目的」は以下の3つです。

・ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョン

・アプリインストール数

・フォロワー

2-1.ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョン

一般的なサンクスページ遷移でのコンバージョンを目標としている場合は、この「目的」を設定します。

コンバージョンタグをサンクスページに設定し、その数値を目標として最適化がかかります。

リンクのクリック課金になります。

2-2.アプリインストール数

アプリのプロモーションでインストール数、CPIの最適化を目指す場合、この「目的」を設定します。

リンクのクリックまたはインストールで課金となります。

2-3.フォロワー

アカウントのフォロワー数を増やす目標がある場合に選択する目標です。

クリックでは課金されず、フォロワーの獲得で課金されるのが特徴です。

3.認知向けのキャンペーン目的一覧

続いて認知向けの「目的」は以下です。

3-1.ツイートのエンゲージメント

「エンゲージメント」とは、ブランドとユーザーの「深い関係性」を意味します。

参考:エンゲージメント | マーケティング用語集

Twitter広告に置き換えると、

・ツイートのクリック

・いいね

・返信

・リツイート

・引用ツイート

がエンゲージメントとされており、それぞれのアクションに対して課金が行われます。

ユーザーとの自主的なブランド接触を増やすことで認知の拡大を図りたい場合、この目的を設定するのが有効です。

3-2.プロモビデオの再生数

動画広告の視聴者数を増やすことをゴールにしている目的です。

動画広告のPV数をKPIにしている場合などに適しています。

ちなみに、筆者もあまり見たことがないですがGIFアニメも設定可能です。

意表をついたプロモーションになるかもしれません。

3-3.インストリーム動画再生数

この目的を選ぶ場合、広告ツイートを設定する必要がありません。

ツイートの動画が再生される前に広告動画が再生される、インストリーム枠への配信となります。

3秒以上の動画再生で課金となります。

200以上の「コンテンツ配信パートナー」のツイート内の動画に広告を掲載できます。

ユーザーの興味・関心や、パートナーのアカウントのジャンルに基づいて、表示される広告は自動的にマッチングされます。

6秒を超えるとスキップできるようになっているため、6秒以内の動画クリエイティブを用いてブランド認知を拡大したい場合は有効な「目的」です。

3-4.ブランド認知度の向上

リンクのクリックは二の次で、とにかく多くのユーザーに「ツイートを拡散したい」時に有効な目的です。

ツイート表示のCPM課金で、リーチを最大化します。

3-5.アプリの起動回数

休眠ユーザーのリテンション施策として主に活躍する目的です。

キャンペーン告知などからアプリ内へディープリンクで誘導することで休眠ユーザーの掘り起こしを行うことが出来ます。

4.最後に

今回はTwitter広告におけるキャンペーンの「目的」について整理しました。

目的が変わると、課金形態もそれぞれ変わってくるので、適切な目的を選ぶようにしたいですね。

弊社では、Twitter広告の運用実績も多数あります。

商材によっては、CPAをリスティング広告やFacebook広告より安価にコンバージョンを獲得することも可能です。

「ウチの商材、Twitter広告合うのかな?」と感じている方は、まずは気軽にご相談ください。

おすすめの記事

    続きを読む

    Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

    Return Top