アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

レコメンド広告はCriteoだけではない!KANADE DSPをおすすめする理由

2019年03月30日

レコメンド広告はCriteoだけではない!KANADE DSPをおすすめする理由

皆様、DSP広告のレコメンド配信を行うCriteoは既にご存知だと思います。

リスティング広告以上のパフォーマンス?レコメンド広告って?

今や、Criteoの配信は商品情報や求人情報をお持ちの広告主様にとっては、導入必須の媒体となっています。
パフォーマンスについてはリスティング広告と同等、もしくはそれ以上の効果がでているケースもありますよね。

ただ、Criteoに匹敵する効果で、相乗効果が見込める京セラコミュニケーションズが提供する、KANADE DSPはご存知でしょうか。
今回はKANADE DSPの特徴についてお伝えします。

1,KANADE DSPの特徴


KANADE DSPについて知っている方はどのくらいいるのでしょうか。
正直、インターネット広告代理店の方しか、知っていないのが実情なのではないでしょうか。

KANADE DSPとは、動的リターゲティング広告(レコメンド広告)の種類の1つで、京セラコミュニケーションズが提供するDSPです。

動的リターゲティング広告(レコメンド広告)として、最も有名な広告媒体はCriteoとなっています。
下記のようなバナーは見かけた方は多いと思います。見た目では正直わからないのではないでしょうか。


(参考:KANADE DSP媒体資料)

では何が違うのか。主たる特徴は4つになります。

・唯一のロングテール商品に強く様々な情報をユーザーに届ける配信ロジック
・「自動最適化+マニュアル最適化」のハイブリット運用
・リターゲティングだけではない新規向けのレコメンド広告
・Criteoとは被らない?配信面について

1-1,独自のアルゴリズム手法=複雑ネットワーク理論

独自のアルゴリズム手法=複雑ネットワーク理論と聞いて、ンときた方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。
99%の方がピンとこないと思います。

通常の動的リターゲティング広告(レコメンド広告)の配信のロジックは、サイト離脱してから直近で閲覧した商品の情報を元にバナー内に表示し配信します。

色々な商品を扱うショッピングモールの例に例えてみましょう。

例えばAさんは無地Tシャツを探しているとして、無地Tシャツの情報をショッピングモール内で見ていました。
しかし、その場では購入に至らず離脱しました。
通常のレコメンドでは無地Tシャツの他にボーダーTシャツ、水玉柄Tシャツ等の商品情報をバナー内に表示し再訪を促します。

しかし、KANADE DSPは無地Tシャツを選んでいる方に、Tシャツではなく、Tシャツをよく探している人が、一緒に購入することが多い商品等を、バナー内に表示してAさんに見せることができるのです。
図の場合ですと、パンプスやバッグ、ハットとなります。

様々なサイト内の商品を独自の解析アルゴリズムから、共通の趣味や趣向性を持つ仲間を見つけおすすめしてくれるのです。
これほど気が利くレコメンドエンジンはそうそうないと思います。

一般的レコメンド広告→人気アイテムばかり表示され、人気のないアイテムは表示されない。

KANADE DSP→人気アイテムから下位アイテムまで網羅的に表示。様々なサイトで全アイテムの80%~98%をカバーした実績あります。

下記が複雑ネットワーク理論のイメージ図です。


(参考:KANADE DSP媒体資料)

1-2,「自動最適化+マニュアル最適化」のハイブリット運用

皆さん、動的リターゲティング広告(レコメンド広告)と言えば、自動運用と思っている方が多いのではないでしょうか。
それもそのはず、Criteoが全自動レコメンドエンジンが搭載されており、Criteo側も極力エンジンに任せることを推奨しています。

ただ、今回ご紹介するKANADE DSPは自動化と手動のハイブリット運用なのです。Criteoの管理画面は、カテゴリ毎の入札しかできません。
実際、Criteoを運用する方は、リスティングの運用の経験者が多くこれだけしかできないのかと、もどかしい思いをされている方も多くいらっしゃると思います。

しかし、KANADE DSPは実はかなり細部までチューニングをすることができるのです。
(正確にはCriteo側も裏側ではできると思います。)

例えば、配信回数、サイト離脱後の経過時間を細かく解析し、コンバージョンが発生するゾーンへの高額入札を実施したり、商品毎のカテゴリ、アクセスしたページ別に高額入札を実施することで、無駄な表示回数を減らし効率よくコンバージョンを獲得することができます。

基本的には自動最適化は機械学習なので、今までの積み上げた実績を元に効果を発揮します。
しかし、業種、業態によって繁忙期が異なっていたり、様々な外的要因が絡むことは多々あると思います。

そういう場合には手動の最適化が強かったりします。
自動最適化と手動を組み合わせることで、リスクヘッジかつ機械ではわかり得ない運用者独自の視点で運用し、パフォーマンスを最大化することが可能なのです。

1-3,Criteoとは被らない?配信面について

KANADE DSPの接続する、SSP(Supply Side Platform)については、下記となります。


(参考:KANADE DSP媒体資料)

上記をみても、どうなのか。ということが正直な感想かと思います。結論、主要なネットワークは網羅していると考えて良いと思います。
より良くわかりやすいように、レコメンド広告媒体を整理した図を下記に記載します。

1-4,レコメンド媒体のネットワーク整理

かなり大雑把な言い方になりますが配信する面の部分だけで考えれば、
Yahoo!面に強いCriteo、Google面に強いKANADE DSPという分布図になります。

前述にもありましたが配信面の被りはあるものの、最適化のロジックがその他の動的リターゲティング広告(レコメンド広告)と異なるため、CriteoとKANADEの併用配信で配信カバー率を上げることで、効果の最大化を生み出すことができます。

1-5,クリック単価は高いがコンバージョン単価を合わせやすい

KANADE DSPの課金形態はCPM課金(インプレッション課金)です。KANADE DSPと比較してCriteoはCPC課金(クリック課金)です。
Criteoと比較すると入札戦略が異なります。

Criteoの入札戦略は兎に角安いコストで様々な媒体に掲載し、クリック、コンバージョンが起こる可能性を最大化する手法となっています。
例えるならば、マシンガン型配信です。

対してKANADE DSPはできるだけ少ない弾数で狙い撃ちをする、いわばスナイパー配信です。
効率に合わせ無駄を排除することでコンバージョン率を高める戦略となります。

クリック単価は高いので配信当初は戸惑うこともあるかと思いますが、ぐっとこらえてみて下さい。
コンバージョン率の高さがカバーしてくれることで、コンバージョン単価もCriteoと同等、それ以上のパフォーマンスを出すことができます。

1-6,リターゲティングだけではない新規向けのレコメンド広告

動的リターゲティング広告(レコメンド広告)と言えば、来訪ユーザーに対して再訪を促す広告が一般的ですが、KANADE DSPはリターゲティングの他に新規向けメニューがあることが特徴的です。

リターゲティング広告は効果が高いので、予算を多く投下しがちですが来訪ユーザーのみに配信するので、いずれ尻すぼみとなってしまいます。
リターゲティングと、新規向けのターゲティングを組み合わせることがとても大切です。

また、通常バナーの約2倍以上のクリック率を誇る、動的リターゲティング広告(レコメンド広告)を活用すれば、効率的にユーザーを呼び寄せることができます。
具体的なメニューについては下記ページにて紹介します。

2,KANADE DSPの3つのメニュー


KANADE DSPには主に3つのターゲティングの仕方があります。簡単にそれぞれどのような特徴があるのかを見ていきましょう。
理解を深めつつ使っていくのが、DSP戦略成功の秘訣になります。

2-1,プロファイルターゲティング
(新規向けメニュー/デモグラフィック/インタレスト)

狙ったオーディエンスセグメントへ認知を促すことができます。
大きく分けてデモグラフィックセグメント、インタレストの2つのセグメントでターゲティングが可能です。

デモグラフィック・・・性別、年齢、居住地域、収入、職業、学歴etc…
インタレスト・・・スポーツ、ファッション、語学、旅行、ファイナンスetc…

更に、4億UBを超える、豊富なオーディエンスデータ(Intimate Merger, Predixと接続)も保有しており、10代~20代の女性を中心とした会員データや、中高年に強みをもつ男性系メディアでの会員データも活用することが可能。

2-2,オーディエンス拡張(新規向けメニュー)

サイトの既存顧客と行動属性が近しい未訪問ユーザーを、アライアンスサイトから抽出し配信しサイトへの新規顧客誘導が可能となります。

2-3,パーソナライズリターゲティング
(通常リターゲティングメニュー)

サイト訪問ユーザーを対象にリターゲティング配信を行います。
最適なユーザーに最適なタイミングで配信しコンバージョンを促進します。

3,KANADEDSPの気になる効果

案件や業界によって様々ではありますが、Criteoとほぼ同等のパフォーマンスがでている印象があります。
イメージとしては予算割合を7対3くらいにして、パフォーマンスを見ながらどちらか強化すべきだと考えております。

下記は、ファッションEC系の事例で、併用配信した結果コンバージョンが純増し、合算のコンバージョン単価も下がり、パフォーマンスが上がった事例です。

個人的な印象ですと、EC、人材に強い媒体ですので、該当の業界でしたらトライアルをしてみることをおすすめいたします。

4,さいごに

✓コンバージョン促進から新規顧客の誘導・育成が可能

✓優良顧客と類似する新規ユーザーを対象とした「ロイヤルターゲティング拡張」

✓接続しているSSP(Supply Side Platform)とアドネットワークに関しては、Yahoo!を除きCriteoと重複はするものの、DoubleClick面(Google)を中心にGDN(Google ディスプレイ ネットワーク)独占枠を保有

皆様、KANADE DSPの魅力について少しは分かって頂けましたか。
個人的にも、Criteoを導入後ある程度効率化できたら、KANADE DSPとの併用配信の提案を行うことが多いです。

是非、皆様も検討してみては如何でしょうか。

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top