アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

超強力なCriteoの超効率化運用とそのワケとは?

2019年03月29日

超強力なCriteoの超効率化運用とそのワケとは?

Criteoというと、皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?
自動化するDSP?
めっちゃ取れるDSP?

UUさえ足りていれば是非使いたいDSP?認識は様々あると思いますがCriteoがDSPの中でも群を抜いて知名度のあるDSPであるということについてはどなたも疑問は無いかと思います。
ですが、たまにこんな話も聞きます。「Criteo?いいっていうから使ってみても、全然効果出ないんだよね」という話です。

でもその考え方は間違っています。Criteoは設定次第で非常に強力なDSPです。
本日はCriteoをどのように設定することで協力になるのか。

それについてお伝えできれば幸いです。

1,Criteoのロジックとは

Criteoは「レコメンド型DSP」です。レコメンド型というのはつまり「リターゲティング専用」のDSPとなっています。

計測はタグによって行われます。
例えばトップページタグ、検索一覧ページタグ、商品ページタグ、カートタグこれらのタグが存在しており、該当するページに仕込まれたタグに反応して広告を表示させるというロジックです。

そしてCriteoを成功させる鍵は「如何に商品詳細ページタグ」を商品ページにもれなく仕込むかであり、そのページが多ければ多いほどコンバージョンする確率は高くなるというものです。
なのでCriteoを成功させる為に必要な要素はたった1つであり、それは「商品詳細ページタグ」をもれなく該当するページに設置すること。

これが根幹です。では、普段の皆さんはどのように設定しているのでしょうか。

上からサイトトップにはトップページタグがあり、検索画面には検索一覧ページタグがあり、商品(該当するサービスページ)には商品詳細ページタグがあり、カートシステムがあるのであれば、カートにいれることでカートタグが発火し、最後に購入完了をすればコンバージョンページタグが発火する。

これはもう仕事当たり前のことですよね。ですが、これは「間違った」やり方です。
では、どのようにすることが正解なのでしょうじゃ。皆さんにちょっとだけ考えてみてほしいのです。

先述させていただきましたが、「一番の成功の鍵」とは何か。そうです。
商品詳細ページタグ」を如何にして「該当ページ」に埋め込んでいけばいいのか。

それこそがCriteoで成功するための第一歩と言えます。皆さんいいですか?

これだけは覚えておいて下さい。「既成概念を取り外しましょう」。
ここで問題なのが「商品詳細ページタグ」を設置するべき「該当ページ」とはどこを指すのでしょうか。

Criteoにある程度明るい方々であればお分かりでしょうが、Criteoは「EC」のためのDSPではありません。
単品通販でも、セミナー訴求でも仮想的にCriteoのレコメンドロジックを発動させることは可能です。

なのでLPのような一枚ページもありますし、ホームページのようにページが入り組んでいるものもありますが、LPとホームページ、どちらにも最も閲覧される場所があります。
単純な話で、「そこを該当ページとしてタグを仕込むべきではないのか?」ということですよね。

さて、どこでしょうか。

そうです。

正解は「TOPページ」です!驚きましたか?考えてみてほしいのです。商品詳細ページタグを該当ページにもれなく設置する。
これは素晴らしいことですし、これは必要な所作でしょう。

ただ、レコメンドロジックで追いかけていくには、やはり商品詳細ページタグを多くのユーザーに見てもらわないといけない。
でも、普通に設置を指定やのでは難しい。

そうですよね。

だって、商品詳細ページに辿り着かず、大抵の人間は「離脱してしまうから」ではないでしょうか。

そうですよね。

大抵の人は商品ページなんて来ません。ではどうすればいいのか、というわけで先程の答えです。
少なくとも、どんなに早く離脱するユーザーだったとしても「TOPページ」は最低限訪れますよね。

よくよく考えるとなるほどと思うかもしれないのですが、普通に考えていつくるかわからない「商品ページ」で待つよりも、誰でも必ず訪れる「TOPページ」ではアドバンテージが違うってことです。
特に一枚ページのLPなどがそれに当たりますが、TOPページで心を掴んで行かなければ正直、その後のコンバージョンは結構難しい可能性が高いですよね。

さて、皆さん。ご自身でCriteoを運用しているのであれば、タグの設置状況を見てみるといいでしょう。どのタグがどのページに設置されていますか?
それによって結果はかなり左右されていくものだと思われます。

そのタグの設計を出来る代理店やマーケターがいる企業であれば、まずCriteoのことは一度任せてみてもいいかもしれません。

2,Criteoはなぜ強力なのか

では、なぜCriteoは強力なのでしょうか。それには広告枠の話が関係してきます。
基本的に広告枠は純広告でも無い限りは同じ枠をRTBで取引して奪い合ってますよね。

その中でも優位性があり、優位性の高いものがいいところを陣取り、悪い所はどんどん悪いプレースメントへと落とされていく、そのような仕組みになっています。
よくDSPの業界ではこのように言われることが多いのですが、「YahooのCriteo、GoogleのKANADE」と。

確かにCriteoはYahooの面に広告を配信することの出来る貴重なDSPですが、そもそも実は、CriteoはGoogleの良い面についてもほぼ独占できてしまっています。
つまり、世界でただ1つ、Google面もYahoo面についても最も強い面に優先的に配信することが出来る。

故にCriteoは最強の名を持ち合わせているんですよね。

3,重要なのはカテゴライズすること

さて、なぜ強力なのかわかった所で、もう1つの特徴を説明したいと思います。Criteoというと「全自動DSP」というイメージが皆さんは強いみたいで、一度動かしたら動かすことは出来ない。

むしろ予算を途切れさせてはならないと言われています。ですがCriteoこそ、入札が鍵を握ります。
え、そんな事できる?!」って思った方、少なくないのではないでしょうか。

実はできるんです。Criteoは入札を極めてこそ活きる全自動のDSPであると言えます。
先述させていただきましたが、Criteoでまず成功を握るのは「商品詳細ページタグ」を如何に該当ページに設置していくことだと申し上げました。

それが鍵になることは間違いないのですが、もう1つの鍵があるとしたら、それは「フィード」に関することです。
フィードによってCriteoは制御できるんですね。

例え話をしましょう。

広告を出したいのは人材業界。全国に顧客を持つ大企業だったとします。そこでCriteoをやりたいとなったときに、どのように設計するかですよね。
この場合は「職種」で分けるか「勤務地」で分けるかのどちらかだと思います。

ただ、フィードを組まないままのCriteoの画面とは悲惨なもので、「日本」にまるごと潤沢な予算が配分されちゃうんですね。
そこで活躍するのが「フィード」です。

全国47都道府県に分けたとします。それを毎日更新させるようにシステムに順応させればCriteoは47都道府県別々に広告を打つようになります。
その経過はキャンペーンから見ることが出来るので、是非見てみて下さい。

その中で「東京」がずば抜けて良い成果であればそこを上げるし、北海道が最も良くなかったら少なくすることも出来ます。
CPCは最低20円まで下げることが出来ます。

フィードを活用することで出したいユーザーにもれなく出す、すると費用対効果が高くなるので、自然と1件獲得の単価は押さえられる。
これがCriteoが獲得できるわけです。

4,最後に

いかがでしたでしょうか。扱いの難しいと言われているCriteoですが、意外と真面目に勉強してみると気難しさはなく、取り組みやすい内容かもしれませんね。

ただ、やはり開設やいかんには多くの手間がかかります。何よりCriteoを本当に理解している企業が導入しなければ設置にも不安はつきもの。
弊社はCriteoについてはマニアレベルなので、是非ご相談下さい。

よろしくお願いいたします。

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top