アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

他の媒体を考える前に、リスティングで100%出来ていますか

2019年03月28日

他の媒体を考える前に、リスティングで100%出来ていますか

媒体を変えよう」。ちょっと待ってください。

まだそれを言うのは早いかもしれません。

プロモーションを打っていく上で媒体については様々な議論が交わされることでしょう。
その中でも頻出するのは「その媒体効果ないなら変えちゃおうよ」というもの。そうでしょうか?

特にリスティングは本来、媒体の中でもTOPクラスの獲得率を誇るはず。
では、そのリスティングをやめてしまおうとなった時に、それはそれ相応の覚悟をしなければいけません。

まだやめてしまうのは早いです。
今日はリスティングをやめようとなった時に注意したいチェックポイントを用意してみたので、その判断を下す前に読んでいただければ幸いです。

1,リスティング広告のポテンシャル


リスティング広告にはTOPクラスの獲得率があると申し上げました。それにはきちんと理由があります。
それは何かと言うと、広告媒体の中でも「能動的なユーザー」を刈り取れる広告媒体は「リスティング広告」以外には無いからです。

どういう意味かというと、リスティング以外の広告媒体の出稿ロジックを考えてみると簡単なはずです。
ディスプレイ広告ではその媒体のビッグデータに基づいてホームページ内に存在する広告枠に広告を配信します。

もしくは、一度リマーケティング(リターゲティング)タグの埋め込まれているページをユーザーが訪問した際に、そのユーザーに対して再度、広告枠に広告を配信します。
SNS広告では、ユーザーが読んでいるフィードに対して、広告に予め設定されたターゲティング志向に基づくユーザーと判断された場合、そのフィードに対して広告が配信されます。

DSPについてもそうです。
原則、ターゲティングに合うとされたユーザーに対して広告が配信されます。

純広告に至っては、ある程度ターゲティングは出来ますが、原則、購入した広告枠に対して、有効な期間の中でずっと表示されているものですよね。
リスティングの場合は「キーワードを買って入札をかける」という手段が用いられます。

自分たちが求めているユーザーとはどのようなユーザーだろうか。
それを考えながらキーワードを考えて、キーワードを買って入札をかけておけば、そのキーワードに準ずる語句をユーザーが調べた時に、その検索結果に対して広告を配信すると行ったロジックです、

比べてみると一目瞭然ですよね。
リスティングの最も優れたポテンシャルは「ユーザーが調べたものに対して広告を配信できる」というもの。

そして、ユーザーが調べるという能動的な行為はそもそも、ユーザーの悩みが顕在化されている状況で調べられるため、そこに広告を配信できるということは、理想的な構図なわけです。
自社を表現する言葉を調べるユーザーって「アツいユーザー」以外の何者でもないですよね。

このようにリスティング広告は素晴らしいポテンシャルを持っている広告媒体であるわけです。
特にGoogle広告に関してはずば抜けて広く構築されたネットワークであり、詳細な設定ができるものなので、リスティング広告の中でも素晴らしく自由度の高い広告媒体であると言えるでしょう。

ただ、恐らくこの記事を読まれている方は「でも成果が出ないんだ!!!」とお悩みの方であると思われます。
なぜ成果が出ないのか、そもそも本当にリスティング広告を辞めるべきタイミングなのか。

それについては下記のチェックポイントと比べてみていただければと思います。

2,リスティング広告で実装状況をチェックしておきたいポイント


上記で「自由度の高い広告媒体であると」と申し上げました。
そのとおり、Google広告は特に自由度が高いです。

ですが、それ故に機能がたくさんあり、把握しきれていなかったり、アップデートについていけないといつまでも古い構成のまま予算だけ消費しているという状況も考えられます。
早速今のアカウントは健全な状況なのか、チェックしてみましょう。

・Hagakure化されているか?

現在のGoogle広告は自動化を推奨するようにアップデートされています。
その中で素晴らしいアカウントの定義について、「シンプルかつまとまったアカウント構成」であるとしています。

昔のように「1キャンペーン・1広告グループ・1キーワード」のような構成にはなっていませんか?
なってないよ!」となった方も、そのキャンペーンの数について着目して下さい。

多いなと思ったことがありませんか?
もしくはグループが細分化されていて、1週間の表示回数が1000回以下になっていたりしませんか?

少しでも思い当たる節がある方は要注意。Hagakure化を検討してみましょう。
Hagakureについては別記事で詳しく説明しているのでご覧になってみて下さい。
(参考:Google広告の虎の巻【3A”初期設定”編】)

・広告表示オプションはフル実装されているか?

広告表示オプションは実装されていますか?一見自社には必要のない広告表示オプションも使いようによっては有効なものもあります。
例えば最低限でも「サイトリンク、コールアウト、構造化スニペット、価格表示オプション、電話番号表示オプション」等、5つの広告表示オプションについては実装して下さい。

面倒だからといって実装していなかったりした場合、それがもしかしたら獲得できていなかった原因かもしれません。

・RLSAは実装済ですか?

RLSA(検索リマーケティング)は実装されていますでしょうか?
これをやることでリスト内のユーザーにのみ高いCPCで配信することが可能になります。

詳しくは別記事をご参考になって下さい。
(参考:検索広告向けリマーケティングリスト(RLSA)を使う時に気をつけたいこと)
オーディエンスリストを適用するだけの簡単な作業になりますので、これをやらない手は無いのですが、案外、出来ていないアカウントは多いものです。

まずはすべての訪問ユーザーリストから始めてみるといいでしょう。

・マッチタイプを絞りすぎていませんか?

部分一致は拡張するから嫌だ!」と絞り込み部分一致やフレーズ一致、完全一致に頼った運用をしている方は要注意です。

絞り込めば絞り込むだけ限定的になってしまうので、市場にもよりますが、CPCは高騰する傾向にあります。
特に絞り込み部分一致で過去に痛い目を見たことがたくさんあるので、皆さんも注意してみて下さい。

リスティング広告をやめたい理由の1つとして、「CPCが高いから」というものが挙げられかもしれませんが、実はこれ、マッチタイプを絞り込みすぎているからかもしれません。
除外キーワードで対策をすれば部分一致は素晴らしいマッチタイプですし、そもそも人が考えられるキーワード数は全体の3割と言われていて、マッチタイプ然り、キーワード然り、まだテコ入れできる部分はたくさんあるはずです。

・エリアは適正化されていますか?

エリアは適正化されていますでしょうか?

釈迦に説法な話になってしまいますが、例えば「一都三県に配信したい」といいながらも、ターゲット地域が日本、になっていたり、除外地域が出来ていなかったりと言う例をよく見ますし、加えて言うのであれば、一都三県の中でも千葉市より奥や、さいたま市より奥、横浜市より奥になるとビジネスにもよりますが、意味がなくなってきてしまいます。

きちんと地域を設定して、無駄な予算を使わないような設定になっているのか。これについては意外と見逃していることも多いので、是非チェックして下さい。

3,リスティング×ディスプレイの可能性

リスティングとディスプレイは違う媒体のようで密接に関係しています。
検索広告だけの成果で見ていませんか?

例えば、ディスプレイで配信したユーザーが興味を持って該当するキーワードを調べた時に検索結果に表示されないのは非常に機会損失になると考えられますよね。
広告媒体は様々に絡み合っている存在になるので、100%のポテンシャルを考えるのであれば、それぞれの特性を把握しつつ、点と点ではなく、線で考えるようにすると効果を引き出すことも可能になります。

4,アトリビューションについて

上記と若干被りますが、アトリビューションについてはいかがでしょうか。
ラストクリックが検索広告ではないだけで、ファーストクリックや中間クリックには強く寄与している可能性も考えられますよね。

広告において、その広告が果たして効果があったのかということをみる基準としてアトリビューションは重要な指標なので是非チェックしてみましょう。

5,最後に

いかがでしたでしょうか。

これを確認しても全部やっていてもうダメだとなったらリスティングをやめることについても一考する価値はあると思いますが、「Googleはオワコンだ!」と思う前に、ぜひ一度確認をしてみることをオススメいたします。
また、まだリスティングの可能性を諦めたくない、そんな方については、弊社でアカウントのセカンドオピニオンも承っているので、是非相談をして下さい。

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top