アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

検索広告向けリマーケティングリスト(RLSA)を使う時に気をつけたいこと

2019年03月28日

検索広告向けリマーケティングリスト(RLSA)を使う時に気をつけたいこと

検索広告向けリマーケティングリスト(以下RLSA)ですが、登場してずいぶん経ちましたね。
皆さんはRLSAを使ったことはありますでしょうか。

ちなみにその中で効果を出すことは出来たのでしょうか。
最近ではやっとYahoo!スポンサードサーチ用のプロダクトも登場し、検索広告は更に奥が深いものとなりました。

やることは簡単ですが、意外と奥が深いRLSA。きちんと理解しながら使っていきましょう。

1,RLSAの仕組みについて

まずRLSAについて、きちんと説明できる方ってどれだけいるのでしょうか。

ここから先で話す内容を理解していただくために、知っている方がほとんどだとは思うのですが、一度仕組みについておさらいをしたいと思います。

RLSAは一言で言うと「検索広告でリマーケティングリストを使える施策」です。
某媒体社では検索リマーケティングといったような言い方をしていました。この言い方だと、さも「検索広告でリマーケティングできるの?!」となりますよね。

結論それはできるわけがありません。

なぜならば、検索広告とは原則「ユーザーのニーズやウォンツ」に対してトリガーするものだからです。
基本的にはユーザーからアクションを起こして、検索クエリを検索窓に打ち込んでもらうという工程を経て、初めて広告を見せることが出来るわけですよね。

つまり、検索広告で特定のユーザーをディスプレイ広告のように追いかけることはそもそも出来ません。
RLSAの仕組みとしては、検索広告にリマーケティングリストを適用します。

そしてリスト内のユーザーがアカウントに登録されているキーワードを検索した際に、例えばそのキーワードは通常クリック単価100円だったところを、そのユーザーに対してのみ、150円で入札をかけることで、上位表示させやすくする、という仕組みです。

仕組みについては正しく理解することで、よりRLSAをどのように使えばいいのかわかってきますよね。
仕組みをおさらいしたところで、新規向けと既存向けの設定について注意したいことをお話できればと思います。

ちなみになぜ新規向けと既存向けという言い方をしているのかということをお話できればと思うのですが、通常、RLSAそのものは「既存」向けの機能です。
つまり、既に配信しているキャンペーンに対して適用して、リストにいないユーザーには通常の入札を。

リストに含まれるユーザーには高い入札をすることで最適化をしていく機能になります。
新規に対して設定していくことはそもそも通常の運用ではないということについては御理解の上、この先を読み進めていただければと思います。

2,既存向けRLSAの設定について注意したいこと

それでは具体的な設定編になります。

既存ユーザー向けのRLSAにはいくつか注意点があります。
それについてよく網羅しないと結果に大きく響くので注意しましょう。

2-1、Google広告における既存向けRLSAの設定

管理画面>キャンペーン」よりRLSA化したいキャンペーンを選択します。

続いて「キャンペーン>オーディエンス」の画面に移動して、そこでリマーケティングリストを登録していきましょう。
ポイントは2つあって、

1)追加先は「キャンペーン別」ではなく「グループ別」にすること。

2)「ターゲット設定」ではなく「モニタリング設定」にすること。

グループ別にする理由については、これは原則キャンペーン別でも問題は無いのですが、「IMSA」のような機能を使う時にキャンペーン別だと不都合が生じてくるので、今後の設定の幅を広げるためにもグループ別にすることがオススメです。
また、モニタリングにしないと、リスト内にしか配信しないというような動きになるため、結果に大きく影響を与えます。注意しましょう。


該当のリマーケティングリストを登録したら、作業としては完了です。入札調整費についてはまず40%~から始めることをおすすめします。
10%や20%でも多少のインパクトはありますが、RLSAとして機能させるのであれば40%以上でないとあまりやっている意味がないので、こちらも注意が必要です。

2-2,Yahoo!スポンサードサーチにおける既存向けRLSAの設定

Yahooについては、前提として「Yahoo!スポンサードサーチのリタゲタグ」がページ内に埋め込まれていることを確認して下さい。
Googleについては1つのタグで済みますが、YahooはスポンサードサーチとYDNの双方で必要です。

ついつい抜けてしまうところではあるので要注意です。

設定については「ツール>ターゲットリスト管理>関連付けの設定(リストを選択した状態で)>キャンペーン又は広告グループ」でリストを追加することが出来ます。

こちらについても入札調整比は40%ほどから調子をみていきましょう。

その他の調整についてはGoogleのようにIMSAといった機能は存在しないので、適用範囲はひとまずキャンペーン単位で問題ないかと思われます。
好みによって、出し分けたい場合はグループ単位までは細分化が可能です。

尚、Yahoo!スポンサードサーチについて、今までは既存のキャンペーンで設定することは出来ませんでしたが、現在のアップデートで可能になりました。
なので、古い構成で新しいキャンペーンでRLSAを作成している場合は、既存向けとしてリストを適用することも考慮してみて下さい。

3,新規向けRLSAの設定について注意したいこと

新規向けRLSAの特徴は「ディスプレイ広告などでリストには蓄積されているものの、検索広告を見ていないユーザー」に対して訴求が出来ることが特徴です。

なので、あくまでも刈取り要素はあるものの、進んで獲得ができるようなメニューではないことは予め御理解の上でやってみることをオススメいたします。

3-1,Google広告における新規向けRLSAの設定

基本的には既存のものを作成する時変わりません。

ただ違うところがあるとすれば、新規向けのRLSAの設定についてはキャンペーンを既存ものではなく、新しく作るという点で非常に大きな差があるでしょう。
設定についてはRLSA用に新しく作ったものに対して「ターゲット設定」で設定します。

そのうえで、普段であればあまり登録したくないような部分一致のビッグワードなどを登録してみることも1つの戦略として考えられます。

理由は明確で、新規向けのターゲット設定(リスト内にのみ配信する方法)でやっているので、配信する幅が狭く暴発しにくいということが挙げられます。

3-2,Yahoo!スポンサードサーチにおける新規向けRLSAの設定

こちらについても設定面や攻略についてはGoogle広告と同様と考えていただいていいと思います。
こちらもそのまま登録してしまうと全ユーザーへ配信されてしまうので、配信対象ユーザーを「全ユーザー」から「ターゲットリストのユーザー」へ変更することを忘れないようにしましょう。

4,禁じ手!超特化型RLSA


そして、これは結構両極端な戦略ですが、超攻撃型のRLSAという戦略もあります。

皆さん特に月末になると発生する悩みとして「予算が足りない!」というものがあったりしませんか?

広告は止められない。
ただ通常の入札はおさえざるを得ない。
でもコンバージョンはとりたい。

確度を高くしていきたい。
そんな時にこの施策を使ってみて下さい。

この施策は入札を限りなくおさえます。
例えば、通常300円~400円ほどで入札している所を、30円~40円ほどで入札をかけます。入札調整比については700%~900%ほどで設定します。

すると、新規のユーザーについては掲載順位がかなり落ちるので、コストを使うことはなくなります。
日別のコスト消化を追っていくと日の消化額は落ちること必須です。

ただ、リスト内にいるユーザーは既に自社のサービスを知っている可能性の高いユーザーであるために入札調整比を高めておくことでそのユーザーに限り上位掲載を狙うことが出来ます。

ただし、基本的には日の進捗は注意深く追っていく必要はあるので振り切った戦略ではあるのですが、実際これで成果を出すことも出来ているので、是非参考にしていただけると幸いです。

5,最後に

いかがでしたでしょうか。

たかがRLSA。されどRLSAというわけで、ご興味もっていただけたかと思います。
是非施策を考える一助になれば幸いです。

そしてアカウント改善やデジタルマーケティングでお悩みであれば弊社にご気軽に相談下さい。

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top