アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

【保存版】Google広告購買意欲の強いユーザー層一覧とその特徴

2019年03月21日

【保存版】Google広告購買意欲の強いユーザー層一覧とその特徴

購買意欲の強いユーザー層で獲得の幅を広げたい。
そういう考えが思い浮かんだ事がある企業や代理店の運用者、たくさんいると思います。

でも、実際に購買意欲の強いユーザー層ってどうなの?という部分については永久の課題ですよね。
特にリマーケティング中心の戦略で刈取りに特化した方であればあるほど難しい問題だと思います。
いざ、やろう!そう思ったときでも結局種類が沢山有りすぎて全部タブを開くのも億劫だと思う人、必ずいると思います。

ちなみに筆者はそのタイプです。

そんな時に使っていただきたい「購買意欲の強いユーザー層」の一覧と、攻め手について少し触れたものを今日は書いたので、是非運用の際の一助となれば幸いです。

1,購買意欲の強いユーザー層とは

そもそも、購買意欲の強いユーザー層とは何でしょうか。
よく聞くのは「アフィニティカテゴリと似てるターゲティングだよね」という話はよく聞きます。

断言しましょう。全く違います。
もし企業のマーケターの方がこの中にいたとしたら、このように説明をしに来る営業は信用しないほうがいいです。

では、購買意欲の強いユーザー層とは何かといいますと、言葉の通りですよね。
Googleのビッグデータに基づき、特定ジャンルで購買に至ると考えられるユーザーをジャンル分けしてリストアップし、それに対するターゲティングを行うというものです。
アフィニティカテゴリーは「趣味趣向」であるのに対して、購買意欲の強いユーザー層は「購買意欲」に基づくターゲティングなので、それを理解しながら選んでいくことがコツです。

2,購買意欲の強いユーザー層一覧

購買意欲の強いユーザー層は「オーディエンス>ユーザーの興味や関心、習慣」から行くことが出来ます。
原則新規ターゲティングで当てたい場合は「モニタリング」ではなく「ターゲティング」で設定するようにしましょう。
※尚、2階層以降は非常に量が多いので、省略しています。

2-1、アパレル、アクセサリ

・アウター
・コスチューム
・スポーツウェア
・ハンドバッグ
・女性用下着
・婦人服
・宝石、時計
―時計
―結婚指輪、婚約指輪
―高級ジュエリー
・旅行バッグ
・水着
・眼鏡
―サングラス
・礼服
―ビジネススーツ
―ブライダル衣装
・紳士服
・財布、ブリーフケース、革製品
・靴
―スポーツシューズ
―ドレスシューズ
―ブーツ

2-2,イベントのチケット

・コンサート、音楽祭のチケット
・スポーツのチケット
―アメリカンフットボールのチケット
―サッカーのチケット
―バスケットボールのチケット
―ホッケーのチケット
―野球のチケット
・舞台技術のチケット
―ブロードウェイ、劇場のチケット

2-3,ギフト、行事

・パーソナライズギフト
・パーティ用品、イベント企画
―イベント企画
―パーティー用品
・フラワーギフト
・休日、季節用品
―クリスマス用品、飾り
―ハロウィン用品、飾り
―バレンタイン用品、飾り
・写真サービス、スタジオ、ビデオ撮影
―イベントカメラマン、スタジオ
―写真の印刷サービス
・挙式、披露宴プラン
・詰め合わせギフト

2-4、コンピュータ、周辺機器

・コンピュータ
―タブレット、ポータブルデバイス
―デスクトップパソコン
―ラップトップ、ノートパソコン
・コンピュータ用アクセサリ、部品
―コンピュータモニター
―メモリ、ストレージ
・プリンタ、スキャナ、FAX

2-5,スポーツ、フィットネス

・アウトドア用品
―キャンプ、ハイキング用品
―釣り用品
・スポーツ用品
―ウィンタースポーツ用品
―ゴルフ用品
・フィットネス商品、サービス
―ジム、アスレチッククラブ
―フィットネスクラス、個別トレーニングサービス
―フィットネス器具

2-6,ソフトウェア

・アンチウイルス、セキュリティソフトウェア
・オフィス、ビジネス・ソフトウェア
・オーディオ、音楽ソフトウェア
・デザインソフトウェア
―写真編集ソフトウェア
―描画、アニメーションソフトウェア
・動画編集ソフトウェア
・税務、会計ソフトウェア

2-7,デートサービス

2-8,ビジネスサービス

・ビジネス・テクノロジー
―ウェブサービス
―ネットワークシステム、サービス
―企業ソフトウェア
・ビジネス印刷、ドキュメントサービス
・ビジネス金融サービス
・事務用品
―オフィス器具
・人材サービス、リクルートサービス
・企業イベント企画
・広告マーケティングサービス
―SEO、SEMサービス
・支払い処理、決済処理サービス
・給与サービス

2-9,不動産

・商業用不動産
―商業用不動産(販売)
―商業用不動産(賃貸)
・居住用不動産
―居住用不動産(販売)
―居住用不動産(賃貸)
・引っ越し、移転

2-10,家庭、園芸

・ホームセキュリティ
・ホームデコレーション
―カーテン、窓装飾
―ベッド用品
―ラグ、カーペット
―暖炉
―照明、備品
・リフォーム
―キッチンカウンター、浴室カウンター
―ツール
―フローリング
―塗装
―配管設備
―食器棚、浴室キャビネット
・住居、庭に関するサービス
―インテリアデザイン、装飾に関するサービス
―カーペットの張り替え
―ドア、窓の取り付け
―フローリングサービス
―ホームクリーニングサービス
―一般的な請負、リフォームサービス
―塗装サービス
―害虫・害獣駆除サービス
―家屋の検査サービス
―屋根ふきサービス
―建築関連のサービス
―造園設計
―配管サービス
―鍵サービス
―電気工事
・家具
―キッチン、ダイニング
―リビング
―在宅ワーク
―家庭向け収納整理用品
―寝室
―託児所
・屋外用アイテム
・生活家電用品

2-11,家電

・オーディオ
―ステレオシステム
―スピーカー
―プロミュージシャン、DJ向け機器
―ヘッドフォン、ヘッドセット
・カメラ
―カメラレンズ
―デジタル一眼レフカメラ
・ゲーム機
―xbox
―プレイステーション
―任天堂のゲーム機
・テレビ
・ビデオカメラ
・ホームシアターシステム
・携帯電話
・携帯電話用アクセサリ

2-12,幼児、子供向け製品

・おむつ、ベビー用衛生用品
・チャイルドシステム
・ベビーカー
・乳児用食品
―授乳用品、離乳食用品
―離乳食
・幼児、子供服
―子供服
―幼児服
・玩具、ゲーム
・育児、教育
―幼児教育
―育児

2-13,教育

・受験対策、個別指導
・外国語学習
・大学、短期大学
―アート、デザイン
―テクノロジー
―ビジネススクール
―美容、コスメ
・小中学校、高等学校
・留学

2-14,旅行

・バスや鉄道での旅行
・パッケージツアー
・ホテル、宿泊施設
―バケーションレンタル
・レンタカー
・旅(目的地別)
―アジア太平洋地域への旅
―ヨーロッパへの旅
―ラテンアメリカへの旅
―中東、アフリカへの旅
―北アメリカへの旅
・空の旅
・船の旅
・観光ツアー、観光名所

2-15、求人

・IT、技術系の求人情報
・インターンシップ
・事務系の求人情報
・会計、財務系の求人情報
・医療系の求人情報
・営業、マーケティング系の求人情報
・就職相談サービス
・履歴書、職歴
・教育系の求人情報
・法律系の求人情報
・短期アルバイト、季節的な求人情報
・経営、マネジメント系の求人情報
・行政機関の求人情報
・販売系の求人情報

2-16,美容商品、サービス

・スパ、美容サービス
・バス、ボディ商品
・フェイスケア商品
・ヘアケア商品
・メイク、化粧品
・日焼け対策商品
・香水、香料

2-17、自動車、乗り物

・自動車
―自動車(メーカー別)
―自動車(中古車)
―自動車(新車)
―自動車(種類別)
・自動車修理、メンテンナンス
―オイル交換
―ガラス修理、交換
―ブレーキ修理
―変速機の修理
―自動車車体修理
・自動車部品、アクセサリー
―エンジン、トランスミッション
―カーバッテリー
―カーブレーキ
―ホイール、タイヤ
―自動車内部品、アクセサリー
―自動車外部品、アフターマーケット自動車部品
・車両(その他)
―キャンピングカー、RV
―ボート、水上バイク
―商用自動車
―自転車、パーツ

2-18,通信

・インターネットサービスプロバイダ
・ケーブル、衛星放送事業者
・携帯電話会社

2-19、金融サービス

・クレジット
―クレジットカード
―事業融資
―住宅ローン
―信用調査
―学生ローン
―自動車ローン
・ファイナンシャル・プランニング
―セカンドライフプランニング
―遺産管理
・保険
―住宅保険
―健康保険
―旅行保険
―生命保険
―自動車保険
・投資サービス
・税務
・銀行サービス
―デビットカード、小切手
―貯蓄口座

3,購買意欲の強いユーザー層における攻め手の例

いかがでしたでしょうか。書ききれないほどの種類があり驚かれた方もいたと思います。
ただアフィニティカテゴリとの圧倒的な差についても同時にご理解いただけたはずです。

先述しましたが、購買意欲の強いユーザーはカテゴライズが「購買」というベクトルに向いていますよね。
これを加味した戦略が必要になってくるわけですが、これはファネルの中でいうと、「顧客層」に近しい「顕在層」であると言えます。

ただ、バナーやレスポンシブ広告で見せる分には「受動的」なユーザーであることも否めません。
なので、やはり検索広告との掛け合わせ戦略は非常に重要な物となってくると思ういます。

例えば、「検索向けリマーケティングリスト(RLSA)」のリストを集めるために、まずは、購買意欲の強いユーザー層だけでディスプレイ広告を配信して、リストの質を良質かつ、一定量数を確保するというやり方でもいいかもしれません。
また、アフィニティカテゴリで教育→購買意欲の強いユーザー層で購買意欲を高める→検索広告で刈取りというマイルストーンも有りだと思います。

また一部の商材については年齢などのデモグラフィック掛け合わせで使っても有効だと思われます。

どちらにせよ、購買意欲が強いというカテゴリライズである限り、受動的だが購買のポテンシャルを秘めているユーザーであることを理解しながら、それに刺さるクリエイティブを心がけるようにしましょう。

4,最後に

別の記事でお話できればと思いますが、購買意欲の強いユーザー層の使い方として最近では「In-Market for Search Ads(IMSA)」という機能も実装され、より使い勝手が良くなったターゲティングでもあります。

特に大切なことはいずれのターゲティングでも言えることですが、それがどのようなユーザーをターゲットとして設計されたものなのか、それを理解しながらアカウント設計を行うことです。

デジタルマーケティングについて躓いていたり、効果が悪いと思う方は是非弊社のセカンドオピニオンをご利用下さい。

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top