アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

【役職者・決裁者に届け!】職業・役職ターゲティング

更新日:2020年10月07日

【役職者・決裁者に届け!】職業・役職ターゲティング

以前、Facebook広告の特徴である興味・関心ターゲティングについてご紹介しましたが、今回は職業・役職ターゲティングについてご紹介致します。

「ターゲティング方法は知っているけれど、本当に獲得に結びつくの?」と疑問に思っていた方もこちらを読めば、一度は試したくなると思います!ぜひご参考下さい。

1.改めてFacebook広告の特徴ってなんだっけ?

Facebook広告の特徴は、大きく分けて以下の3つがあります。

  • 月間のアクティブユーザー数の多さ
  • 実名登録によるターゲティング精度
  • 広告フォーマット種類の多様さ

その中で今回ご紹介するのは、ターゲティング精度の部分です。

Facebookは他のSNSよりも、ビジネスSNSとしての地位が高くなりつつあることもあり、同僚や社内外の仕事仲間とつながることも多いですよね。その他にも情報収集を目的として使用することも多いのではないでしょうか。

Facebookは実名登録を基本としており、その他にも交際ステータスや職業・職種、住んでいる場所、在籍学校名等、様々な情報をユーザーが登録するので、その情報に基づいた精度の高いターゲティングが可能です。

2. 職業・役職ターゲティングとは?

弊社代表岡田のFacebookベージを例に見てみましょう。会社名や役職、出身地、詳細データを見れば出身大学などが分かる仕様となっております。

今回ご紹介している職業・役職ターゲティングでは、赤枠で囲っている会社名役職名をターゲティング対象とし、広告配信を設定していきます。

2-1. ターゲティング一覧

業界については下記の通り、現在下記の24業界から選択が可能です。(2020年10月現在)

勤務先・役職については一覧ではなく、検索窓から探して選択する形になります。日本語・英語の両方で検索や設定を行うことをオススメします。下記は、一例となります。(2020年10月現在)

2-2.設定方法

興味・関心ターゲティング同様、各広告セット毎に詳細ターゲット設定にて設定をします。

①利用者層、興味・関心、行動を追加の参照
②仕事を選択
③勤務先や業界(役職)から選択

④日本語/英語で役職名を検索して選択

これで設定は完了です。

2-3. 興味・関心ターゲティングと組み合わせる

⑤勤務先の選択も可能なため、前章にて選択した役職または勤務先のユーザーを同時にターゲティングすることも可能です。
オーディエンスの絞り込みを選択します。
⑦And条件でオーディエンスを絞ることができます。
例:「高級車」に興味がある ×「代表取締役」または「社長」
詳細ターゲット設定の拡大にチェック
確度の高いユーザーへのリーチを逃さないようにしましょう。

3.実績例

それでは、実際にどんな風にターゲティングしたら良いのか具体例を見てみましょう。

例1


目    的:医師の転職サイトにて新規登録者数を増やしたい
対象ユーザー:医師
勤務先として「医師会」を選択しているユーザーに配信設定

興味・関心ターゲティングの中にも「医師」や「看護師」などもあるので、該当するリストは追加しましょう。

例2


目    的: 富裕層向けパーソナルトレーニングジム
対象ユーザー: 富裕層かつ健康意識が高い人
役職として「社長」「代表取締役」または勤務先が高収入と考えられる「有名外資系企業」×興味関心ターゲティングにて「フィットネス」「筋力トレーニング」「クロスフィット」など

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

AppleのITPにより、リターゲティングが難しくなっている今、今回ご紹介したようなFacebook広告の職業・役職ターゲティングにより、従来とは違った切り口で確度の高いユーザーに配信していくことが必須となっていきます。ぜひ様々なターゲティングを組み合わせ、リーチを広げていきましょう。

弊社には、通算100社以上のFacebook広告運用実績があります。Facebook広告で課題を感じている方や、これからFacebook広告を始めたい方は、ぜひ一度ご相談ください。

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top