アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

【キホンのキ】Faceboo広告のメリットとデメリットを解説!

更新日:2021年09月10日

【キホンのキ】Faceboo広告のメリットとデメリットを解説!

Facebook広告はWeb広告の中でも今一番影響力があります。

商材によって合う・合わないがあるので、本記事を通してFacebook広告のメリット・デメリットを理解していきましょう。

Facebook広告を制した者がWeb広告を制する!それでは紹介していきます。

1.Facebook広告とは?

Facebook広告は、Facebook以外にもInstagramやMessenger、Audience Networkなどの掲載先に広告を配信することが可能となっています。各媒体の特徴としては、下記になります。

Facebook広告

実名登録であり、コミュニティや知り合いとの繋がりを拡大することができるサービスです。

Instagram

Facebook社の系列のビジュアルを重視したSNSサービスです。お洒落な写真や動画を撮影し、投稿するユーザーが多数います。

Audience Network

Facebookが提携している数千以上のモバイルアプリに広告配信ができるサービスです。グノシーやC CHANNELなどのアプリが挙げられます。

Messenger

Facebookのユーザー同士がメッセージを送り合う機能サービスです。

画像参考:Facebook広告ガイド ー Facebook for Business

2.Facebook広告のメリット

Facebook広告を始めるにあたって、メリットを5つ紹介します。

商材がFacebook広告と相性がいいのか確認することも大事なので、是非参考にしてください!

低コストで出稿が可能

まずは低予算で配信を開始できることがメリットです。

Facebook広告の最低出稿金額は100円からとなっているので、少額からスタートさせることができます。予算が限られていたり、複数の広告の比較検証をする際にも利用でき、お試しでの運用がしやすいです。

まずは少額から初めて成果が出れば予算を増額という運用の方法もできます。

精度の高いターゲティングが可能

Facebookの特徴として、実名登録することが挙げられます。

ユーザーは性別や年齢、職業、住所などの細かな個人情報を登録しているので、広告を配信する際にその情報を有効活用することができます。

そのため、他の広告媒体よりもターゲティング精度が高く、配信したいターゲットに広告を配信することが可能です。

多くのユーザーにアプローチが可能

Facebookはアクティブユーザーが多いです。アクティブユーザーが多ければたくさんのユーザーに広告を見てもらえます。

同じくTwitterやInstagramもユーザー数が多くて有名なSNSですが、この2つは1ユーザーがアカウントを複数持つことができます。そのため、実際のアクティブユーザーは少なくなります。

一方、Facebook広告は複数のアカウントを持つことは禁止されているため、アクティブユーザーが実際のユーザー数になるのです。

広告フォーマットが豊富

フォーマットが多いこともメリットの1つです。配信の目的に応じて、11種類の広告フォーマットから最適なものを選ぶことができます。

動画を作成しなくても、静止画を組み合わせて動画にすることができる機能も付いているので、組み合わせは多数あります。たくさんの種類で検証をすることが可能です。

広告フォーマットを詳しく知りたい方は【今更聞けない】Facebook広告の種類や特徴を徹底解説!をご覧ください!

目的に合わせた広告の最適化が可能

Facebook広告では広告配信の目的に応じて広告を最適化してくれる機能があります。たとえば配信の目的は下記です。

・集客を増やしたい
・いいね数を増やしたい
・商品の認知度を高めたい
・リンクをクリックしてほしい
・資料請求を増やしたい
・動画の再生回数を増やしたい

Facebook広告の配信について詳しく知りたい方は【入門】Facebook広告の目的(ゴール)を決めよう!目的の種類と選び方をご覧ください!

最適化とは、コンバージョンする可能性の高いユーザーをFacebookが自動的に選び、広告を配信する機能のことです。

たとえば、ある人がコンバージョンした場合、Facebookはその人に似たユーザーを探し、広告を配信してくれます。似た人たちに配信することによってコンバージョンの確率が上がっていくのがFacebook広告の最適化です。

3.Facebook広告のデメリット

Facebook広告にはデメリットもあります。こちらも抑えておくことで運用に活かしていきましょう。

ユーザーが限定されている

Facebook広告は主にFacebookユーザーを対象に配信する広告となっています。

初めに説明したInstagramやAudience Networkなど連携しているサイトに広告を配信することができますが、Google広告などに比べるとやはり配信することのできるターゲットは限定されてしまいます。

Facebook広告でまず検証をし、他の媒体で運用するのもいいかもしれません。

成果の持続時間が短い

Facebook広告は高い成果を上げた後に成果の持続時間が短いです。

SNSユーザーの特徴である飽きの早さという傾向があるためです。効果を持続させるためには、細かな検証や改善が必要です。

仕様の変更が多い

他の媒体と比べても仕様の変更が多い媒体です。

さまざまなアップデートが日々行われるため、できることが多くなる半面、操作画面などのレイアウトが変更されたりすることが多々あり、変更についていくのが大変です。

久しぶりに開いたら仕様が変わっていて見方が分からなくなってしまうこともよく起こります。ですので、常に運用をしようと考えている方におすすめの媒体です。

4.まとめ

いかがでしたか。

メリット・デメリットと両方あるFacebook広告ですが、商材によっては大きな成果を出すことができます。少額から実施できるFacebook広告を是非始めてみることをおすすめします!

弊社は国内約5,000社いる代理店の中で約20社しか認定されていないといわれているFacebook Business Partnerの公式プリファードパートナーとして、正式認定されています。

Facebook広告の成果に不安やお悩みの方、これからFacebook広告を始めたいと考えている方は、ぜひお気軽に無料E-bookのダウンロードや無料相談お待ちしております!

この記事を書いた人

「何をするよりも誰と働くか」このフレーズが自分の今までやってきたこととマッチしていると思い、入社を決意。得意領域を模索中!ハマるとずっと同じものを食べ続ける癖があって、最近は食べ物にお酢と砂糖と唐辛子を入れるのが好きです!

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top