アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

これでばっちり!【カスタムオーディエンス】

更新日:2020年06月29日

これでばっちり!【カスタムオーディエンス】

Facebook広告のターゲティングのひとつであるカスタムオーディエンス。Facebook広告を運用している方なら、一度は耳にしたことがあると思います。

しかし、名前は知っているけどやり方がわからない、どんな効果があるのかわかっていない、そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方のために、今回はカスタムオーディエンスの使い方と得られる効果についてご紹介いたします。

1.カスタムオーディエンスとは?

多くのSNSでは、ハンドルネームが多く使われています。しかし、Facebookでは実名での登録が原則となっており、大きな特徴となっています。そのため、ユーザー登録情報や利用端末、ユーザーの興味関心やアクティビティ等を元にした正確かつ多様なターゲティングがFacebookの強みと言えるでしょう。

今回ご紹介するカスタムオーディエンスは、Facebook広告のターゲット設定オプションのひとつで、Facebook利用者の中から既存の顧客を見つけ出す機能です。既存の顧客データ、サイト訪問履歴(リターゲティング)、モバイルアプリの利用状況などを活用して、あなたのビジネスをすでに知っている利用者のオーディエンスを作成することが可能になります。

2.得られる効果

カスタムオーディエンスを利用することによって得られる効果は、高い費用対効果です。自社が持っている顧客データを活用することで、より見込み度が高い既に自社のビジネスを知っているユーザーにアプローチが可能になります。

ここで、Facebook広告の課金方法ついておさらいしましょう。

課金方法と言えば、Google・Yahoo!で主に使われているクリック課金が有名ですよね?しかしFacebook広告では、表示回数によって課金されるインプレッション課金が用いられています。単価の指標はCPM(Cost Per Mille)で、1,000回表示あたりのコストで課金されます。

つまり、Facebook広告で成果を上げるにはクリック率(CTR)が重要になってくるということです。CTRが低い場合、表示されるだけでお金がかかってしまうため、コストパフォーマンスは低くなる可能性があります。そこでカスタムオーディエンスを使うことで、無駄なコストの消費を防ぎ、クリック率やCPAを抑えることができるため、パフォーマンスの向上につながります。

3.カスタムオーディエンスの4つのタイプ

次に、カスタムオーディエンスのタイプについて、より詳しく説明していきます。作成できるカスタムオーディエンスのタイプは、以下の4つです。

  • カスタマーリストに基づくカスタムオーディエンス
  • ウェブサイトカスタムオーディエンス
  • モバイルアプリカスタムオーディエンス
  • エンゲージメントカスタムオーディエンス

4つのタイプのカスタムオーディエンスを上手く組み合わせることで、より精度の高い広告配信を行うことができます。さらに、カスタムオーディエンスを使って類似オーディエンスを作成することで、ビジネスを拡大することも可能です。

3-1.カスタマーリストに基づくカスタムオーディエンス

既存の顧客に関する情報をFacebookに提供し、カスタマーリストの情報を使用して、リーチしたいオーディエンスに広告を配信することが可能です。

また、カスタマーファイルを利用したカスタムオーディエンスをビジネス間で共有する場合、以下の2点の同意が必要となります。

①双方のビジネスマネージャ管理者によるオーディエンス共有への同意
②個々のアカウントで共有されたカスタムオーディエンスを使用するユーザーによるカスタムオーディエンス利用規約への同意

3-2.ウェブサイトカスタムオーディエンス

Facebookピクセル(タグ)を設置することで、Facebookユーザーとウェブサイトにアクセスした人を照合し、サイトアクセスユーザーに対して、Facebook内でデバイスを問わず広告を配信することが可能になります。

3-3.モバイルアプリカスタムオーディエンス

Facebook SDKを利用して、アプリをダウンロードしているものの可能なアクションを実行していないユーザーをターゲットとして、広告を配信することが可能になります。

3-4.エンゲージメントカスタムオーディエンス

エンゲージメントとは、動画の再生、リード獲得フォームやキャンバスの表示といったアクションを指します。エンゲージメントカスタムオーディエンスを使用すると、これらのアクションを実行した利用者をターゲットとして、広告を配信することが可能になります。

また、類似オーディエンスのソースとしても使用可能です。

ここで注意していただきたいことは、エンゲージメントカスタムオーディエンスは、ウェブサイトのカスタムオーディエンスとは異なるという点です。両方ともアクションの実行を考慮していますが、エンゲージメントカスタムオーディエンスが、Facebookのアプリやサービスでのアクションを使用するのに対し、ウェブサイトカスタムオーディエンスはピクセル(別名「イベント」)で追跡されるウェブサイトでのアクションを使用しているので気を付けましょう。

4.カスタムオーディエンス(カスタマーリスト)の使い方

ここでは、カスタムオーディエンスで最も多く利用されているカスタマーリストに基づくカスタムオーディエンスの使い方について説明します。

①まず初めに、ビジネスマネージャ(広告マネージャ)からオーディエンスを選択します

②次にオーディエンスを作成をクリックし、カスタムオーディエンスを選択します
ここで注意していただきたいのが、アカウントです。カスタムオーディエンスを作成するアカウントが正しいものになっているのか、いま一度確認しましょう。

③そしてカスタマーリストを選択し、テンプレートをダウンロードします
テンプレートは、⑤のカスタマーリストの追加時にもダウンロード可能です。

④ダウンロードしたテンプレートに顧客データを記載し、カスタマーリストを作成します

⑤作成したカスタマーリストをアップロードし、オーディエンスに名前を付けて完成です

5.まとめ

いかがでしたか?Facebookカスタムオーディエンスについて、理解を深めることはできたでしょうか。

これを機に、是非カスタムオーディエンスを取り入れてみてはいかがでしょうか。リーチをさらに増やしたい、ビジネスのさらなる拡大を目指す方には、冒頭でもお伝えした類似オーディエンスも並行して取り入れることをオススメ致します!

下記のE-bookには、カスタムオーディエンス以外にもFacebook広告を運用するうえで必要な知識を凝縮してまとめておりますので、ぜひご活用ください!

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top