アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

【Facebook広告】ユーザーの行動でターゲティングしよう!

更新日:2021年01月21日

【Facebook広告】ユーザーの行動でターゲティングしよう!

Facebookはユーザーの電話番号やメールアドレス、所在地や職業といった個人情報を登録して利用する特徴がある為、Facebook広告は他の広告媒体に比べて、比較的ターゲティング精度が高いということは他の記事でもお話させていただいたと思います。

たくさんあるターゲティングの中でも今回は、Facebook広告ならではのターゲティングである詳細ターゲティングの中の、行動ターゲティングというものにフォーカスして紹介していきます。

1.行動ターゲティングって?

Facebookにはターゲティングが豊富にあります。ターゲティング可能なカテゴリーは大きく分けて3種類あり、利用者層興味・関心行動となっております。

今回の記事では、行動ターゲティングについて紹介しますが、他にも職業・役職ターゲティング興味・関心ターゲティングの記事もありますので、気になった方はぜひこちらの記事も合わせて読んでみてくださいね!

さて前述の通り、Facebook広告では詳細ターゲットという設定が可能です。利用者層、趣味・関心、行動、その他のカテゴリから選択し、配信に使用します。

今回説明する行動ターゲティングでは、過去の購入履歴はデバイス利用状況といった消費者行動に基づいて、ユーザーにアプローチすることが可能です。

下記の表はカテゴリーをまとめたものとなっています。随時Facebookでは新たなターゲティングを追加しているので、調べてみると表にはないものがあるかもしれません。ですので、使ってみたいターゲティングは検索して一度探してみると良いでしょう。

2.活用事例

事例としては、旅行業界や海外Wi-Fiサービスにて下記のような青枠のカテゴリーを選定することで、獲得数拡大を見込めます。

行動のカテゴリー種類自体は少ないものの、商材・サービスによっては非常に合うターゲティングであったりもするので、Facebook広告を既に配信されている方や、今から始めるという方は自分にあったカテゴリーがないか確認して実践してみてはいかがでしょうか?

3.まとめ

いかがでしたか?

今回の記事ではターゲティングの中でも、行動ターゲティングについて紹介いたしました。

Facebook広告におけるターゲティング種類は多岐に渡りますが、その中でもユーザーの行動に基づいたターゲティングはFacebook広告ならではと言えるでしょう。広告の効果を最大限引き出すために、自社商材やサービス理解をしっかり深め、ターゲティングを設定することが大切です。

弊社には、通算100社以上のFacebook広告運用実績があります。Facebook広告で課題を感じている方や、これからFacebook広告を始めたい方は、ぜひ一度ご相談ください。

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top