アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

マーケターがインストールすべきGoogle Chromeアドオン15選

2019年03月28日

マーケターがインストールすべきGoogle Chromeアドオン15選

皆さん、突然ですがお使いになっているブラウザは何を使っていますか?

Internet Explorer?それともFirefox?
ちなみに弊社では全社員がデフォルトで「Google Chrome」を使うことになっています。

もちろん、プライベートでメインに使っているブラウザも「Google Chrome」です。
どのブラウザにもある程度搭載されている機能ですが、「アドオン」は活用していますでしょうか?

特にマーケティングに関わるビジネスパーソンであればアドオンは厳選して使っていくべきです。
これによる作業工数の削減や、分析に活用して有利な資料を作る。

そのために必要なアドオンを厳選してご紹介できればと思います。
是非、日頃のマーケティングにご活用下さい。

1,アドオンのメリット・デメリット

そもそもアドオンの言葉について慣れていない方も多いはず。
まずはアドオンについて触れた後にそのメリットとデメリットについて説明していきたいと思います。
アドオン自体の定義はソフトウェアに後から追加をすることの出来る拡張機能のことを指します。
プラグインとほぼ同義と捉えても問題ないと思います。

もっと簡単に言うと「ブラウザをより使いやすくするための便利ソフト」と言ったところでしょうか。
無料のものも多いですが、有料のものも存在します。

ですが、現代では無料のものでも使い方さえわかっていれば十分なものばかりなので、まずアドオンを入れたいと思ったら無料のものから試していくのが良いでしょう。

そんな便利ソフト「アドオン」ですが、メリットとデメリットをきちんと理解した上で使うことが、非常に重要なことなのでお知らせしたいと思います。

1-1,アドオンのメリット

アドオンを追加することによる恩恵は非常に大きいものです。
作業効率が上がりますし、作業孤立が上がれば時間を短縮することも出来ます。
つまり、日頃の作業を効率化することで、よりクリエイティブな施策を考えることに時間を使うことが出来ますね。

これは大きなメリットと言っていいでしょう。
どういうことかというと、アドオンの多くは、ブラウザ上で完結できるものです。
ホームページに訪れて、ログイン情報を入力し、目的を遂行しますよね。

これだけでも、
検索窓に打ち込む
→検索ボタンをクリックする
→目的のホームページを探す
→クリックする
→該当の機能を使う

と5回はアクションを取らなければいけません。

ブックマークに追加したとしてもある程度の動作は生じるでしょう。
たったこんなもん」と思うかもしれませんが、それに3分時間を使っていたら30日間で90分です。
それに5分使っていたら150分です。塵も積もれば山となる。

マーケターにとって時間は命。その少しのムダさえ省く姿勢が大切と言えます。

1-2,アドオンのデメリット

ただ、便利なアドオンですが、便利なだけではありません。
もちろんデメリットも存在します。

アドオンの最も大きなデメリットは「PCのスペックに依存する」というものです。
PCのメモリが少なければ少ないほど、便利なアドオンを入れるとPCの動作が遅くなるという矛盾が発生します。

メモリ4GBのPCを使っているマーケターはこれに注意をしましょう。
マーケティングを行う上でPCの最低スペックは8GB以上無いと、エクセルの同時操作Editorや画像編集ソフトの操作に対して不便が生じるはずです。

またブラウジングする上でも、メモリが少ないとページの読み込みが遅くなったりするので、自分のPCのスペックを理解しながら、アドオンやソフトはインストールすることをオススメいたします。

2,オススメのGoogle Chromeアドオン15選

アドオンのメリットとデメリットがわかった所で、実際にGoogle Chromeを使用する際に便利なアドオンを、マーケターの人向けにご共有出来たらと思います。

2-1,Google Tag Assistant

これはGoogleが公式に頒布しているアドオンです。
Ghosteryのように色々な媒体のタグをみることは出来ませんが、Googleの媒体タグであれば深くみることが出来ます。

例えばリスティングを行う上でまず考えられるのはGoogle広告だと思われるので、それを考えるとGoogleのタグがきちんと計測されているのか、また、エラーが起きていないかなど見るためには必要なアドオンだと思われます。
(参考:Google Tag Assistant)

2-2,アドエビスタグチェックツール

アドエビスチェックツールはロックオン社が公式で頒布しているアドオンです。
ページに行くとアドエビスのどの機能が実装されているのかが細かく分かるので、ツール系の提案や分析をする際には重宝するアドオンです。
(参考:アドエビス タグチェックツール)

2-3,Facebook Pixel Helper

Facebook社が公式に頒布しているアドオンです。
これもまた同様にGhosteryのような他媒体のタグを分析することは出来ませんが、Facebook広告のタグ状況を細かく見ることが出来るので、Facebook広告を導入した際は動作確認や分析をする上で非常に重宝します。
(参考:Facebook Pixel Helper)

2-4,Clear Cache

これは現在ブラウザに蓄積されているキャッシュを1クリックで削除できるアドオンです。
深く潜らなくても1クリックでキャッシュを削除できるので、動作が重くなってきたなと思ったらこれをクリックして軽くしていきましょう。
(参考:Clear Cache)

2-5,Full Page Screen Capture

これは手軽にページ全体をキャプチャできるアドオンです。
資料用に、保存用に簡単に保存しておきたいページなどがあったら1クリックで全ページを保存できます。
(参考:Full Page Screen Capture)

2-6,Web Clipper:Easy Screenshot

これは3つの動作でページをキャプチャ出来ます。
映っている範囲・指定する範囲・ページ全体」の3つです。
ページ全体の品質は正直そこまで良くないので前者2つ分の機能を使用する際に重宝します。
(参考:Web Clipper:Easy Screenshot)

2-7,Fireshot

これもキャプチャ系のアドオンですが、活躍する場面としては「このLP綺麗にキャプチャしたいな」と思ったとき。
前述したキャプチャソフトよりもより高品質な1枚ページのキャプチャを一括で保存できます。
(参考:Fireshot)

2-8,AdMatrix Analytics

これはページ内のSEOにかんする情報が一括で見ることの出来るアドオンです。

例えば見ることの出来る項目は下記の通り。
テキスト量と対策キーワードの出現率・見出しタグの内容・発リンク数・被リンク数」等。
SEOを考える上で必要な要素が揃っているため、分析には是非取り入れていきたいアドオンです。

2-9,Enregistrer dans Google Drive

これは「あ、このページ良いな」「このファイル後でみたいな」と思った時のお役立ちアドン。
保存しておきたいページなどをGoogle Drive上に簡単に保存できるアドオンです。
情報収集の際にローカルファイルを少しでも節約するためには活躍することでしょう。
(参考:Enregistrer dans Google Drive)

2-10,Wappalyzer

これはホームページのCMSや解析ツールや、広告配信システム、OS、サーバなどを知ることの出来るアドオンです。
競合分析やアイデア出しの為の情報収集など、ヒントを得るために活躍するアドオンです。
(参考:Wappalyzer)

2-11,Page Ruler

これって大きさどれくらい?」と思ったことはありませんか?
慈済に定規で測るわけにもいかないし、どのようにしればいいんだろうというふとした瞬間に役立つアドオンです。
ブラウザ上で該当するエリアの大きさを測ることが出来ます。
(参考:Page Ruler)

2-12,Sizzy

F12で見ればいいじゃんと思うかもしれませんが、これでも制作物の表示環境を色々なデバイスの見え方でテストできるアドオン。
動作も確認できるので入れておいて損はないでしょう。
(参考:Sizzy)

2-13,PrintWhatYouLike

ページをプリントする際に、余計な部分が沢山ある時ありますよね。
そんなときにはこれを使いましょう。
ページ内の好きな部分だけ印刷することが出来るので、ちょっとした資料作成やミーティングの参考資料を、持っていく際にスマートな資料を作ることができます。
(参考:PrintWhatYouLike)

2-14,Google Keep

GoogleKeepはクラウド付箋機能のような立ち位置で見ていただくと良いかもしれません。
ちょっとしたメモを保存できるし、Gアカウントで基本は制御されているために、家に帰ってスマホから確認したいと言ったような場合にも活躍できます。
(参考:Google Keep)

2-15,Hangout

Google公式のアプリで広く知られているのがこれでしょう。
チャット機能だけではありません。
ビデオ会議はもちろんのこと、画面共有、電話、ファイル共有など様々な部分で活躍します。
特にGoogleプロダクトを多く取り入れている企業には、各プロダクトとも互換性が高いのでまずおすすめしたいアドオンです。
(参考:Hangout)

3,最後に

いかがでしたでしょうか。
マーケターにとって効率は命。
その効率性や生産性を上げるためのアドオンを一部ご紹介しました。
是非参考にしていただきながら、普段の業務によりクリエイティブな発想で挑んでいただきたいと思います。

またマーケティングに関するご相談や弊社に興味を持った!
という方はぜひお気軽にご相談下さい。

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top