アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

今さら聞けないCookieの事とトラッキングの仕組みについて

2019年05月08日

今さら聞けないCookieの事とトラッキングの仕組みについて

ITPについて騒がれるご時世になりました。アドブロック。運用者にとっては驚異でしかありません。

でも正直いうと、ITPやアドブロックと言われてもなんとなく対策しないといけないと思いつつ、それがどういう存在のものなのかわからない方も正直いるのではないでしょうか?

マーケティング業界が長い方でさえ、ぶっちゃけ、仕組みを聞かれたらわからないという人も少なくはないはず。

今回の記事は来るアドブロックの波に対応するための前準備として、Cookieとトラッキングの仕組みについて今一度掘り下げてみる回になっています。

1,Cookieとはなんだろう?

Cookieってそもそもなんだろう。初心に返ってみましょう。当然ながら、「Cookie」はお菓子ではありません。主にWebについて話をする時に使う言葉となっています。

日頃からブラウザを操作する方であれば当然のように見る機会も多いはずです。
Cookieの効果とは簡単に説明すると下記の3つにまとめられます。

・サーバーから送られてくるその人を認識する「目印」

・その人の個人情報を含め、Cookieの中に保存される

・1度訪れた時の情報を保存しておくための便利アイテム

とても概念的なものなので、若干わかりづらいものの、Cookieとはいわば、ネット社会になくてはならないものです。これを理解することはIT並び、アドテク全般の初歩中の初歩を押さえることにも繋がります。

1-1,Cookieが使われるタイミングについておさらいしよう

ただし、用語ばかり使っていても分からないものはわかりません。そういうときは、具体的にCookieが使われるタイミングについて知っていくことがCookie理解の最速ルートです。

とてもわかり易い例が2つほどあるので、ご紹介していきたいと思います。

1-1-1,ECの場合

例えばAmazonや楽天で買い物をする時に、欲しいものがあったらとりあえず「カート」に入れますよね?

ついつい買いすぎてしまうのもECの悪いところですが、ちょっと待ってください。
皆さん、なんでカートに入れたものが、シャットダウンしたあとも再度訪問した際に見えるのでしょうか?

疑問に思ったことはないと思います。ちなみにこの技術はCookieによってもたらされたものです。Cookieが存在しない未来があったとして、起こりうるのは買い物中に間違えてブラウザを閉じてしまった!

再度開いたときにはカートは空っぽのまま。これでは買う気が失せてしまうこと間違いなしです。
Cookieはその人が訪れた時にブラウザに対して付与されます。すると、同じく訪れた時に前回の情報を呼び出して表示してくれるのです。

便利な機能ですよね。

1-1-2,フォーム画面の場合

皆さんは不思議に思ったことがないでしょうか?
何かしらの会員登録をして、再度入力しようと思っていたら入力する前に入力されている。

そんな現象に遭遇したことはなかったでしょうか?
ちなみにこれは誰かが入力したものではなく、Cookieによるものです。

フォーム画面の場合は、入力した情報を保存して再度訪れた時に呼び出してくれる機能があります。
すると2度目、3度目の入力が容易になるので作業の効率化につながること間違いなしですね。

このように普段生活している中で生活を便利にする。そこでCookieは活躍していたんですね。今のITと切り離せない機能であるように私達の生活そのものとも切っても切り離せない存在であることは明確です。

1-2,Cookieには2種類あることを思い出そう

そんなCookieですが、ここでまたややこしい話をしたいと思います。「Cookie」には実は2種類あることは、中級者以上の皆さんならご存知ですよね!

そうです。Cookieには2種類ありまして、「1st Party Cookie」と「3rd Party Cookie」の2種類があります。それぞれ役割が違うので、それを再認識していきましょうね。

1-2-1、1st Party Cookie

1st Party Cookieは基本的に「ブラウザ側」から提供されるCookieのことです。
そのブラウザ内で例えば楽天市場で買い物をしました、となった場合、その情報がCookieに書き込まれることで、次に訪問した際にその当時の情報を呼び出すことで、ユーザビリティを高めていきます。

基本的に1st Party Cookieはブラウザをまたぐことが出来ないので、例えば、普段使っているものがChromeだとしたら、IEで見たときにはChromeの情報は呼び出されません。

1-2-2,3rd Party Cookie

3rd Party Cookieは「広告サーバー」から提供されるCookieのことをいいます。
ユーザーが訪れたサイトに設置されているバナーなどを見た際に付与されます。

3rd Party Cookieの良い所は1つのブラウザ特有のものではないので、ブラウザをまたいで追うことができます。広告が目的として使われることが主になるので、リターゲティングのことを考えると非常に優れているCookieと言えるでしょう。

2,トラッキングとはなんだろう?

Cookieについて振り返ったところで、そもそもですが、「トラッキングの仕組み」について知っていきたいと思います。

日頃からマーケターの日常会話であればトラッキングという言葉は多用されるはずですが、実はその仕組については詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

トラッキングとは【情報を収集して分析すること】を指します。
デジタルマーケティングにおいてトラッキングとは、成果を反映させる際にどのデータを引用し照合し、数値とするのか。この一連の作業をトラッキングといいます。

そして、成果を出す際にそれが同一の人物なのかどうか、考える必要があります。
その時に参照されるのが【Cookie】です。

3,便利な仕組みのどこがいけないのかおさらいしよう

さて、ここまでは一言も「ITP」について触れて来ませんでした。ITPについてまだわからないという方は、ITPの記事が存在するので、そちらを是非参照してくださいね。
(参考:ITP2.1の出現で1st Party Cookieの扱いはどのように変わるのか?)

最近、ITPによる締め付けが厳しくなってきましたが、その裏にはどのような事情があるのでしょうか?

リターゲティングといえば、私達マーケターからしてみると非常に便利ですよね。しかし、ITPが絡んで来るとリターゲティング本来の実力はあまり出せないと言っても過言ではありません。

ただ、同時に現代的にインターネット広告を嫌っている人口があることも事実です。
一連のアップデートで嫌われていたのは【広告用途のトラッキングを目的とした行動】にあります。

リターゲティングで追いかけるためのアップデートが締め出されているということです。
ただしこうも取れるでしょう。リターゲティングは意図しない広告に追いかけられる側面もありますが、それ以上にユーザーの需要を満たすことの出来る機会を増やすテクノロジーでもあります。

マーケターとしては皆一丸となって考えていかなければならない問題です。
一般的なCookieや計測を目的としたものについてはその被害は及ばないと考えて相違ないと考えられます。

4,最後に

いかがでしたでしょうか?
今回はCookieとトラッキングについて振り返る回でした。なにげに使っている言葉でも、実はそれを詳細に説明しろと言われると難しい用語って結構あります。

これもその一つではないでしょうか。でも、これからITPのような広告に直接ダメージが及ぶ施策が世の中ではいつ広がるかわかりません。その時に対処できるのはその問題をよく知っている人だけです。

情報弱者にはならないように、日々の情報収集のアンテナを広げていきたいですね。
アカウントやデジタルマーケティングにまつわるご相談がある方はいつでも弊社までお問い合わせください。

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top