アカウント無料診断

Infinity-Agent Lab

マーケティング
中級者以上の教科書

代理店アカウントならではの機能について振り返ってみよう

2019年03月30日

代理店アカウントならではの機能について振り返ってみよう

世の中に無数に存在する「代理店」という存在。企業のマーケティング担当であれば一度は目にしたことがあるはず。
ただ、代理店と付き合うことのメリットってなんでしょうか。真っ先に思いつくのは「自社のマーケティングのアウトソースとしての機能」だと思います。

もちろん、この機能を任せられる存在というのはそれだけで非常に有意義なものですが、果たしてそれだけでしょうか。

人柄」「コミュニケーションが充実していること」「結果を担保してくれること」「情報をくれること」これらはどちらかというと即物的なメリットや内面にフォーカスした話ですが、今回は少し視点を変えて「代理店アカウント」についてお伝えしたいと思います。

新しい視点だと思うので、是非参考にしてみてください。

1,代理店アカウントとは?

代理店アカウントとは、ずばり「代理店の持つアカウント」という意味ですね。
これだけでは何の意味もありませんが、実は代理店アカウントは通常の個人又は法人が開けるアカウントよりも優遇されることも多いことをご存知でしょうか。

なんで?!

というご意見もごもっともですが、きちんとこれには高尚な理由があったりします。例としてGoogleの歴史を少しだけお話させてください。
Googleには「企業をサポートする部隊」と「代理店をサポートする部隊」の2つがあります。

それぞれの役割としては同じく「Google広告を通してその企業のマーケティングと利益のグロース(成長)に貢献する」というもの。

サポート自体は誰でも享受できるわけではありませんが、無料で行われているため「Google広告を無料でサポートしてくれる3ヶ月限定のアウトソース部隊」と捉えてしまう方も多いですが、それは全くの間違いで、サポート部隊の命題は「企業のマーケティングをグロースさせるための手段や手法を教える」ということがあるので、そこだけはお間違いのないようにしてください。

サポートチームは当初、「ToC(対企業)」部隊しかありませんでした。
Googleの方向性としては「全てのユーザーが正しくGoogle広告を理解し、価値ある情報をユーザーに提供することが出来るようする」というものがあります。

故のサポートチームだったわけですが、難しいのは1人に対して持てる企業が多すぎるという点でした。
筆者もサポート部隊にいた時はアカウントだけでも180アカウントほどを日によって管理していましたが、やはり万遍なく見ることが出来るのか、というとそれは難しかったというのが本音の部分です。

その問題に対するソリューションが「ToB(対代理店)」部隊でした。
要約すると代理店をサポートすると、代理店は元々基礎ができているので、より高度なマーケティングが可能になりますよね。

高度なマーケティングが出来るようになった代理店で、Googleの「ユーザーファースト」の考えを大切にしている代理店であれば、Googleが1企業ずつサポートするよりも、よりGoogleの目指す方向性に早くたどり着けるわけです。

加えてたくさんの企業をクライアントとして持っている代理店であればあるほど、その意味合いは強くなります。
なので、Googleは代理店アカウントの有するメリットを高く設定しています。

故に代理店アカウントは優遇されるというわけですね。

これはGoogleを例にお話させていただきましたが、それとは別に、やはり代理店のほうが1企業の有する予算のインパクトは大きくなるし、代理店がスキルを上げればその分クライアントも増えるので、媒体側のメリットも大きいということもあります。

そんな代理店と媒体の関係ですが、具体的に「代理店アカウントだからできること」ってどのような物があるのでしょう。インパクトの大きい2つの媒体の例を挙げてみたいと思います。

2,Google広告代理店ならではの機能

Googleの広告代理店ならではの機能ですが、正直な話、大きく変わりはありません。何故かと言うと、Googleは原則「代理店専用アカウント」は存在しません。
MCCで連携をしますが、MCCは誰でも無料で作れるものですし、3ヶ月縛りで契約も更新していくため、専用アカウントを作るリソースのほうが無駄になってしまうからですね。

ただ、3ヶ月経てば必ず代理店サポートは解かれてしまうのかというと、そうではありません。
状況に応じて継続しますし、その場面によるので断言はできません。

且つ、特にGoogleの場合は「通常の代理店登録をしている代理店」と「Googleプレミア代理店」とでサポートの内容が違います。

2-1,通常の代理店登録をしている代理店

通常の代理店登録をしている代理店へのサポートは状況に応じて変わりますが下記の通り。

・クローズドセミナーへの招待
・代理店サポートチームによるサポート(3ヶ月間)
・一部ベータ版の先行使用可能・一部ベータ版の先行使用可能
・提案同行
・四半期ごとのレビューと戦略会議

2-2、Googleプレミア代理店

Googleプレミア代理店へのサポート内容は大まかに下記のとおりです。基本的には変わりませんが、待遇という面で変わってきます。
またベータ版についても通常の広告代理店企業よりも早期に取り入れることが可能なので、情報の鮮度は上流にあたります。

弊社もつい最近にはなりますが、Googleプレミア代理店になりました。
そうでなかったときと現在ではやはりサポートの質は変わっているという実感があります。

・Googleプレミア代理店限定のクローズドセミナーへの招待
・Googleプレミア代理店専属の代理店サポートチームによるサポート
・一部ベータ版の先行使用可能
・提案同行
・四半期ごとのレビューと戦略会議

3,Yahoo広告代理店ならではの機能

Yahooについては「代理店専用アカウント」が存在します。
こちらについても代理店サポートチームがありますが、代理店専用のサポートを受けるには代理店専用アカウントに現行アカウントを全て移さなければいけないので注意しましょう。

また専用アカウントを作成するための審査が必要であり、事業契約書や規定の金額を媒体で消化しているかといったことも条件として挙げられるので直ぐにできない部分では難易度が高いです。
その時にタグの入れ替え作業も発生するので、漏れがないように注意していきたいところです。

こちらは一般アカウントと専用アカウントの違いを見ていきましょう。

3-1、一般アカウント

一般アカウントではアカウントを持つことで下記のような特典を受け取ることが出来ます。

・らくアドを使用することが出来る
・前払金を移動することが可能

らくアドは一部の入稿をすれば基本的な運用を全てシステムが担ってくれる機能です。
Googleで言うところの「AdWords Express」がそれに当たります。

3-2,代理店専用アカウント

代理店専用アカウントでは下記のサポートを受けることが出来ます。

・カンファレンスに参加できる(指名された正規代理店のみ)
・カンファレンスに参加できる(指名された正規代理店のみ)・代理店サポートチームによるサポート
・YDN 動画広告が選択可能
・YDN 特別商品(PCブラパネ枠配信)が使用できる
・YDN 動的ディスプレイ広告が使用できる
・YDNリタゲタグ共有出来る(正規代理店アカウント同士のみ)

4,代理店がいいの?インハウスがいいの?

2つの媒体の特性を理解した所で、そもそもの話ですが、「代理店」に頼むべきでしょうか?それとも「インハウス」にしていくべきなのでしょうか。
これについては様々な議論が上がりますが、弊社としては「代理店に頼むべき」という考えです。

何故かと言うと代理店は上記に挙げたように上位の代理店(プレミア以上)になればなるほど、サポートの質も変わりますし、受け取ることの出来る情報も増えます。
それはそれこそナショナルクライアントレベルになれば話は別ですが、1企業ということを考えると到底受け取ることの出来ない特典です。

その中でインハウスを展開していくと、その時新しかった知識もどんどん古くなり、競争に負けてしまうことは想像できます。
そうならないためにも、適度に代理店を付き合うことで常に知識をアップデートし、新しい施策を打ち続けることで、マーケティングをスケールさせて企業の成長へと繋げていくことが大切なのではないでしょうか。

弊社もデジタルマーケティングを担う上では、同じく代理店という立ち位置には変わりませんが、その視点を抜いたとしても重要になってくる項目であるということは断言します。

5,最後に

いかがでしたでしょうか。代理店アカウントについて今回はお話させていただきました。
Googleの歴史から見てもやはり代理店アカウントには魅力がたくさんあるので、もしマーケティングに行き詰まっている、もっと効果を上げたい。知識の底上げをしたい。

そのようなお悩みがある企業様は、弊社で先着のセカンドオピニオンを実施しています。
是非ご利用ください。

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top