アカウント無料診断
Infinity-Agent Lab
マーケティング
中級者以上の教科書

色相環で見る!配色のパターン

更新日:2021年04月19日

色相環で見る!配色のパターン

配色のパターンに様々な理論があるのはご存知でしょうか?理論に基づくことでデザイナー意外の方もスムーズに配色をすることができます。

今回は、様々な理論の中から基本的なものを紹介します!

1.色相環とは?


名前の通り、色の輪のことです。基本の色と色の変化をつなげて輪にしたものを色相環と言います。

色相環には主に2種類あり、アメリカの画家であるマンセルが創案したマンセル色相環と、日本色配色体系によるPCCS色相環があります。

マンセル色相環

赤・黄・緑・青・紫の5色を基準とし、合計100色あり、国際的に使われている色相環。20色相で表すことが多い。

PCCS

赤・黄・緑・青の4色を基準としており、色相環は24色で構成されている。

2.基本の配色5選

基本の配色5つを紹介していきます。

ダイアード配色(補色)

色相環の反対側にある色を組み合わせる方法です。

赤と緑、紫と黄色など、互いの色を目立たせたいときに利用します。コンプメンタリー配色とも言います。

モノトーン配色

同じ色相の明度違いの色で組み回せることで、統一感を出せる配色方法です。まとまりが出やすいので使いやすい配色です。

グラデーション配色

色相が近いものを組み合わせる配色方法です。

色相環が近いもの、同じ色相で明度や彩度でグラデーションにする方法です。幅広い使い方ができます。

トライアド配色

色相環を正三角形で位置した色で配色する方法です。

バランスが良く、トーンによって賑やかな印象になったり、落ち着いた印象にもなります。

テトラード配色

色相環を正方形で4等分した位置にある色で配色する方法です。カラフルな印象になります。

3.カラーパレットサイト

adobe color cc

デバイスで撮影した写真を元にカラーパレットを作成したり、IllustratorやPhotoshopなど、Adobeのサービスと同期利用することができるアプリツールです。

参考:adobe color cc

colordrop

4色のカラーパレットを掲載しているサイトです。カラーのクリックでRGBと16進数で

参考:colordrop

colorkitty

画像をアップロードすることで色を自動で抽出し、カラーパレットを作成してくれるツールです。

参考:colorkitty

4.まとめ

いかがでしたか?

配色には他にも様々なパターンがあり、色相環での色の位置関係で様々な組み合わせができます。また、配色が苦手な方でも理論的に配色を行うことでバランスを整えることができます。多くの色を使う場合でも安心して配色を行う場合などに役立てましょう。

弊社でも、市場を理解したクリエイティブ提案を行なっております。一緒に課題解決をしてくれるパートナーを探している方は、ぜひ一度ご相談ください!

Category  / 目的のカテゴリから読みたい記事をチェック!

Return Top